NEWS4人が進行&副音声!「ゼロ 一獲千金ゲーム」スピンオフ3作品を地上波初放送

ニュース
キーワード

 加藤シゲアキが主演し、NEWSメンバーの増田貴久、手越祐也、小山慶一郎の3人が友情出演して話題となった今年7月期放送の日本テレビ系連続ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」のスピンオフ作品「エピソードゼロ」を3話まとめたスペシャル番組「クリスマス☆ゼロ」が12月24日(深夜1:34、関東ローカル)に放送されることが決まった。

 福本伸行氏の人気漫画「賭博覇王伝 零」を原作にしたドラマは、進学塾の講師と天才ギャンブラーの義賊という二つの顔を持つ“ゼロ”こと宇海零(加藤)ら若者たちが、大富豪の在全無量(梅沢富美男)が主宰する1000億円と生死を懸けたサバイバルゲームに挑むストーリー。

 放送されるスピンオフは、増田が主演を務めた「山口カズヤ編」、手越主演の「城山小太郎編」、小山主演の「後藤ミツル編」の3話で、地上波初放送となる。番組進行はNEWSの4人が務め、副音声では撮影時のエピソードなどを楽しめるスペシャルプログラムでおくる。

 加藤は「このアナザーストーリーでは、僕自身も連続ドラマとは異なる時代を演じさせていただきました。ゼロは、自分よりも『人のため』に良かれと思って行動するのですが、逆にみんなの人生をかき乱していきます。『誰に対してもいい人』は、本当に誰かのためになっているのか。そういう視点で見直していただけると、より深い一面が見えてくると思います。メンバーによる副音声も楽しい収録になると思うので、また『ゼロ』を見ていただく機会になれば」とアピール。

 ゼロの高校時代のライバル・カズヤを演じた増田は「NEWS4人全員が出演するという、僕らにとっては記念すべき大きな作品になりました。リアルタイムで見てくれた方も、見逃した方も、ぜひクリスマスに僕らのエピソードを見て、楽しんでもらえたら」と話し、強烈なインパクトを残した小太郎役の手越は「ダースベイダーのように“どん底”まで落ちていく過程を描いた作品です。どうして小太郎はゆがんだ性格の持ち主になってしまったのか、切なくて悲しいストーリーにご注目ください」と見どころを明かしている。また、ゼロを苦しめてきた後藤峰子(小池栄子)の弟・ミツル役を演じた小山も「ミツルは友情や愛情、姉弟愛もあって、いろいろな人に愛されていた人だったと改めて思います。ミツル編はとても切なく、でも見たら心が温かくなるラブストーリーでもあるので、クリスマスの夜に幸せな気持ちになっていただけたら」と視聴者に呼び掛けている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP