内村光良&桑子アナ、広瀬すず、櫻井翔が紅白の司会に決定!

ニュース
キーワード

 12月31日(午後7:15)に放送される第69回NHK紅白歌合戦の司会者が発表された。総合司会は昨年に続き、内村光良と桑子真帆アナウンサー。紅組は、2019年4月にスタートする連続テレビ小説の記念すべき100作目となる「なつぞら」(日時未定)でヒロイン・奥原なつを演じる広瀬すず、白組は、嵐としては10年から5回連続司会を務めたが、個人としては初めてとなる櫻井翔に決定した。

 内村は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています。『平成最後の紅白は、ああだったな』と、ずっと記憶に残るような、そんな“歌合戦”を皆さんと一緒に目指したいと思います。そして、私を再び推薦してくださったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」と、自らが座長を務めているNHK総合の人気番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」への愛情ものぞかせつつ、意気込んでいる。

 また、広瀬は「紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆さまに、まずは、一番驚いています。本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです」と戸惑いながらも、「私に務まるのか、期待にお応えできるかまだ自信はありませんが、ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させていただけることを楽しみにしております」と喜びを明かした。

 さらに、櫻井は「小学1年生の年明け間もなく。祖父母の家のこたつに入りながらテレビで見た、“平成”の年号の発表は今も鮮明に記憶に残っております。あの日からおよそ30年。“平成最後の紅白歌合戦”の司会をさせていただくことになると、当時の私に伝えても信じてもらえないと思います。身に余る大役。幅広い多くの方の心に残る紅白になるよう、精いっぱい務めてまいりたいと思います」と、大役への抜てきに気の引き締まったコメントを寄せている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP