佐藤仁美が連ドラ初主演で挑む1人4役のオムニバスドラマ「我が家のヒミツ」

ニュース
キーワード

 佐藤仁美がNHK BSプレミアムで2019年3月3日にスタートする連続ドラマ「我が家のヒミツ」(日曜午後10:00)で連ドラ初主演を果たすことが明らかになった。また、本作で佐藤は1人4役に挑む。

 本作は奥田英朗氏の人気短編小説集を原作に、ネットオークションにはまったり、転職・起業を繰り返す夫にヤキモキしたりする4人の妻たちを各話の主人公とする、1話完結のオムニバスドラマ。佐藤が各話でそれぞれの夫婦の妻を演じ、田中直樹、八嶋智人、永井大、岸谷五朗を夫とする4家族の秘密を、夫婦の会話劇を中心にユーモラスに描く。

 佐藤は「連ドラ初主演という実感というか緊張感は不思議とありません。毎回、違う役でゲストという感覚に近いからかなと。でも、短期間でこんなに違う役をやったことがないので、不安といえば不安ですが、同じくらい期待でウズウズしてます」と意気込み十分。

 プライベートでは独身だが、4人の男性の妻を演じることについて「いろんな人の奥さんになれるということも未知すぎて。だって絶対ありえないでしょう!? 独身の私が演じる主婦たちというのも面白いでしょう。とにかく楽しく演じて、それが皆さまに伝わればと思います」とアピールしている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP