伝説再び? ビートたけしが1週間テレ東番組をジャック!!

ニュース
キーワード

 2019年4月12日に開局55周年を迎えるテレビ東京は、11月12日から18日の1週間を“テレビ東京55周年 テレ東ぜんぶ見る大作戦WEEK”と題し、「YOUは何しに日本へ?」「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」などの大型特番を連日放送する。さらに、その期間中、毎日ビートたけしが出演する「いきなり、たけしです。」(月~金曜午後6:55、土・日曜午後6:30)を放送することが発表された。

 昨年、特別番組「おはよう、たけしですみません。」で、同局の朝を5日間にわたってジャックしたたけし。朝から毒ガスを噴射しまくり、3日目には生放送をドタキャン、関係者と視聴者を騒然とさせたのは記憶に新しい。たけしは「今回はドタキャンがないように1日で全て撮り終えるようになりました」と苦笑い。「テレビ東京の看板番組の頭に、その番組に対する味付けを施したパロディー版をやって景気付けようというもの」と、番組の説明を行った。

 55周年を迎えるテレビ東京については「後発のテレビ局なので、初めの頃は東京スポーツと変わらない、やってることが全部うそくさいなというのがあったんだけどね。田中角栄逮捕の時、東スポ1面は『猪木血だるま!』って書かれてて、テレビ東京はアニメをやってた、というブレない感じがなんとも言えません」と笑い飛ばし、「だから面白いよね。ここのバラエティーは結構自由にやらせてもらえるので。クレームを受ける電話の人たちは大変だと思いますが」と述べた。

 また、今後のテレビ局のあるべき姿に関しては、「テレビがお茶の間に欠かせない時代から、テレビ離れしてスマホに移行していってる時代に、テレビがどういう役割を果たすのかというのは非常に難しい問題だけども、やっぱり見たい番組というのはお客さんが時間を調整しても見るわけなので、その“見たい番組とは何か”を常に考えることと、制作者側は“面白い”ということへの感覚がズレないようにしないとね。時代とズレないように頑張ってもらいたい」とエールを送った。

 もし、「たけしがテレビ東京のトップに立ったら?」という質問には、「まず、全員派遣社員に替えますね。賃金を半分にカットして出来高制に。視聴率1%につき給料500円というやり方でガッチリやりたいね」と提案し、これにはテレビ東京・小孫茂社長も思わず「勉強になります」と返答。

 見どころについては「看板番組のパロディーなので、その番組を知ってたら『くだらないな、これは!』と笑えるような番組だと思うんですね。そのうち、7本とも本体の番組を乗っ取って、お笑い版として俺がレギュラーになってやろうかと。このくらいフレキシブルにチャンスを捉えては新企画をやるというのがテレビ東京のいいところだと思います。あんまりマンネリ化してなくていいなと。今度はラオスで橋を渡ろうかと思ってます」と、最後までたけし節が止まらない会見となった。

キーワード

関連記事
PAGE TOP