井浦新、野村周平が阪神・淡路大震災後の神戸に希望の橋を架けた男を熱演!

ニュース
キーワード

 2019年1月15日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」(午後9:00=関西テレビ制作)に、井浦新が主演することが分かった。本作は、阪神・淡路大震災の際に崩落したJR六甲道駅の74日間にわたる壮絶な復旧工事と、それを見つめた地元の人々との関わりを描く実録ドラマで、井浦は震災直後、JRからの依頼により倒壊した六甲道駅の復旧工事を担う建設会社・磐巻組の工事所長・高倉昭を演じる。

 モデルとなった人物に対面して役作りに生かしたという井浦は「その当時どんな心境だったのか、悔しさ、怒り、疲弊、気持ちの面のお話を細かく伺うこともできましたので、役作りへの大きな力になったと思います」と気合十分。また、井浦演じる高倉から工事の記録係を命じられ、ビデオカメラを回し続けた少年・春日豊に扮(ふん)する野村周平については、「とにかく気持ちがとても強い若者なので、その気持ちのままやってくれている姿がいいなぁと思っています。若いですから、思い切り春日を生きてくれると期待します」とエールを送っている。

 対する野村は「今回が初対面で、何日か撮影をご一緒させていただきましたが、いろんなお話ができました。とても優しい方です。カルチャーなど、いろいろなことに興味があるところや、好きな先輩が同じで共通点が多く、お芝居もすごくしやすいです」と初共演を楽しんでいる。ほかに、六甲道で生まれ育った春日の幼なじみ・服部瞳役を葵わかな、当時の出来事を現代の若者たちに語り継ぐ42歳になった春日役を椎名桔平が務める。

 なお、映像配信サービス・U-NEXTでは、本編にもつながるプロローグドラマを地上波放送前に、地上波放送終了後には本編のディレクターズカット版も配信する。また、メーキングドキュメンタリーも配信され、関西ローカルでは放送直後の深夜に放送予定となっている。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年10月25日号
発売日:2019年10月16日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:木村拓哉

新着連載

PAGE TOP