「ドロ刑」にカラテカがコンビで出演! 中島健人との再会に矢部は「師匠に勉強させていただきます‼︎」

ニュース
キーワード

 10月27日に日本テレビ系で放送する連続ドラマ「ドロ刑‐警視庁捜査三課‐」(土曜午後10:00)の第3話に、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也と矢部太郎がゲスト出演することが決まった。入江は犯行の舞台となる会社の副支店長役、矢部はなぜか事件に巻き込まれてしまう不幸な男を演じる。また、2人の出演に合わせて、矢部が描いた「ドロ刑」オリジナルイラストも公開された。

 コンビそろっての出演について、入江は「この度、コンビで約19年ぶりぐらいに出させていただきます。現場で相手と会うのが不思議な感じでした。誰よりも僕ら2人が小さかったです。小さいおじさん2人を探してみてください」とアピール。また、漫画「大家さんと僕」で芸人として初の快挙となる「手塚治虫文化賞短編賞」を受賞した矢部は、以前、主演の中島健人とSexy Zoneの冠番組「Sexy Zoneのたった3日間で人生が変わるのか!」(同系)で共演経験があり、その時は、中島が矢部に3日間弟子入りしてエッセー漫画を描くというものだった。矢部は「特番で漫画の師匠と弟子として共演させてもらった中島健人くんとドラマで共演できるなんてうれしいです。今回は逆に僕が健人師匠に勉強させていただきます!!」と再会を喜んでいる。

 ドラマは福田秀氏の同名漫画を原作に、窃盗事件を専門に捜査する捜査三課に配属された新人刑事の斑目勉(中島)が、大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)と“禁断のコンビ”を結成し、煙鴉の知識とアドバイスによって真の刑事になっていく姿を描くコメディー。第3話では、高度なハッキング技術で最高難度のセキュリティーを破る金塊強奪事件が発生し、斑目らは捜査に乗り出す。しかし、無駄な仕事の多い三課の仕事では自分の才能が生きないと斑目は不満を募らせ、煙鴉から渡されたゲームセンターのクーポン券で気晴らしに遊ぶことに。すると、対戦ゲームで知り合った順平(寛一郎)と名乗る男から、窃盗団の仕事を手伝わないかと持ち掛けられる。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP