真矢ミキ主演「さくらの親子丼」が帰ってくる!「オトナの土ドラ」枠初の続編に「光栄」

ニュース
キーワード

 フジテレビ系では12月1日から、真矢ミキ主演の連続ドラマ「さくらの親子丼2」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)をスタートさせる。古本屋を舞台に、行き場をなくした子どもたちに無償で親子丼を振る舞うさくら(真矢)の姿を描くヒューマンドラマの約1年ぶりの続編となる。「オトナの土ドラ」枠作品としては初のシリーズ化に真矢は「何事においても初めてって好物なのでうれしい。この作品が人の心に訴えるものがあるというのは、ドラマに関わった人たちの泥臭さがあったからこそ。そういう一つ一つが思い出なので、初の続編というのは光栄」と喜んでいる。

 舞台は前作の下町の古本屋から、虐待を受けた子どもたちが一時的に避難できる「こどもシェルター」に移し、シェルターの食事スタッフとなったさくらと子どもたちの交流を描く。料理も親子丼だけではなく、さまざまなメニューが登場するという。パート2放送に向けて真矢は「この作品に携わり、子どもを取り巻く環境や問題に目が行くようになった。今回も謙虚に取り組み、パート1の出来事を経てのさくらというのを随所で見せていきたい」と意気込んでいる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP