新垣結衣の直球質問に松田龍平が「新垣さんがすてきで…」と照れ笑い

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で10月10日にスタートする連続ドラマ「獣になれない私たち」(水曜午後10:00)の試写会が行われ、ダブル主演の新垣結衣と松田龍平、共演の田中圭、黒木華が出席した。本音をさらけ出せない主人公の深海晶を演じる新垣は「この役ではすり減らしている感を出すことを意識しています。それぞれのキャラクターと絡んでいる時の表情や雰囲気も、異なる顔を見せられたら」と意気込みを語った。

 ドラマは、理性的で表向きは完璧な晶と根元恒星(松田)のアラサー男女を主人公に、仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会った2人が、赤の他人だからこそ本音でぶつかり合い、自由気ままに生きようと踏み出すラブストーリー。脚本は新垣主演のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年/TBS系)などで知られる野木亜紀子氏が手掛ける。

 新垣と松田は07年公開の映画「恋するマドリ」以来11年ぶりの共演とあって、新垣が「この前も撮影中に“フフフ”って松田さんが笑っていたけど、なんで笑っていたか教えてくれなかった。やりにくかったりしませんか」と直球で質問をぶつけると、松田は「いや、新垣さんがすてきでつい顔がにやけてしまった」と照れ笑い。その様子に新垣は「よかった。本当っぽい」と胸をなで下ろす場面も。

 また、新垣は「松田さんは寡黙そうに見えて、現場では必ず誰かしらとお話をしている。久しぶりにご一緒して、たくさんお話する方なんだと思いました」と松田の新たな一面を発見したようで、松田も「役のキャラクター的にみんなと話をしないようにしようと思ったのですが、現場が楽しいので我慢できなくて」と苦笑いを浮かべながら、和気あいあいとした現場の雰囲気を明かしていた。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP