竹内涼真、現場でのあだ名は“国民”。大ブレークぶりに阿部寛「必ず伸びてくると思った」

ニュース
キーワード

 TBS系で10月14日にスタートする連続ドラマ「下町ロケット」(日曜午後9:00)の試写会が行われ、主演の阿部寛、共演の竹内涼真、安田顕、尾上菊之助、真矢ミキ、古舘伊知郎、立川談春が出席した。主人公の佃航平を演じる阿部は「3年たってまた帰ってくることができて、うれしく思います。その間、たまっていた思いを全力でぶつけたいと思います。前回は町工場で『おっさんが夢見て、何が悪いか』という涙のせりふから始まりました。それを引き継いで、今度はロケットだけでなく、農業、大地へと取り組んでいきます」と見どころをアピールした。

 同作は、池井戸潤氏の同名小説シリーズを原作に2015年に放送されたドラマの続編で、佃が社長を務める下町の町工場「佃製作所」の奮闘を描くもの。前作では国産ロケットのバルブシステムの開発に挑戦したが、今作ではまたしても窮地に陥った「佃製作所」が、宇宙から大地へと新たな挑戦に打って出るストーリーが描かれる。

 試写会では、この3年の間に大ブレークを果たした佃製作所の若手技術者・立花洋介役の竹内が話題となり、阿部は「他にも若手がたくさんいたけど、3年前から目の奥の光るものが違った。集中力があって、必ず伸びてくると僕も思いました」と演技力を高く評価していたようで、「先見の明があったのは安田くん。当時から竹内くんの股間をもんでいたんですよ。彼が股間をもんだ人は売れるらしい」と冗談交じりに打ち明けた。

 また、山崎光彦役の安田も「来るとは思っていたけど、まさかここまでとは」と驚きつつ、現場で竹内のことを“国民”と呼んでいることを明かし、「彼は“国民の彼氏”と言われていますからね。私は朝から『おはよう、国民』と声を掛けています」と告白すると、殿村直弘役の談春も「最初は何のことか分からなくて、いじめかと思いましたよ。でも、“国民の彼氏”からだと分かり、私も竹内くんのことを“国民”と呼ぶようになりました」と竹内の愛されキャラぶりを明かした。

 一方、竹内は「安田さんは、3年前は変な方という第一印象だったのですが、最近は何を考えているのか少しずつ分かってきて、距離も縮まってきた。最初は何が本当でうそなのか分からなかったんですよ」と安田の破天荒な言動に苦笑い。また、「撮影はすごく大変で寝られなかったりするのですが、こうやって出来上がった作品を見て、頑張ってよかった」と充実した撮影を振り返った。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP