「黄昏流星群」主演・佐々木蔵之介が恋愛ドラマに夢中!? 藤井流星が中山美穂との運命を感じた瞬間とは?

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で10月11日にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(木曜午後10:00)の制作発表会見に、主演の佐々木蔵之介、共演の中山美穂、藤井流星(ジャニーズWEST)、黒木瞳、主題歌を担当する平井堅が参加した。

 同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」を原作に、これからの人生を考え始めた大人たちが、黄昏(たそがれ)の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する物語。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木、献身的な妻・真璃子を中山、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞を黒木、瀧沢の一人娘・美咲(石川恋)の婚約者でありながら、美咲の母である真璃子に引かれていく弁護士・日野春輝を藤井が演じる。

 恋愛ドラマ初主演の佐々木は「僕としてはヒューマンドラマだと思って演じていたので、取材の際に記者の方から『恋愛ドラマ初主演ですね』と言われて、『知らなかった』と思った。それからどう演じていいのか分からないくらい戸惑った」と苦笑い。視聴者に向けては「皆さんも、ある日突然恋愛ドラマの主人公になるかもしれないので、僕のようにならないように心の準備をしてほしい」とアピールしながら、「今後は恋愛ドラマしかやらないと思います」と語り、会場を沸かせた。

 藤井と禁断の恋に落ちる役どころの中山は「演じる上での心掛けは、親子に見えないように気を付けなければと思った」と自虐的に発言。一方、藤井は「禁断の愛という不倫のようなイメージがあるけれど、実際にやってみるとすごくピュアなラブストーリーにしか見えない。そこが肝」と自信をのぞかせ、「最近バスタオルを変えた話をしたら、美穂さんが『私もそれを使っている』と言われた。これは運命です」と力を込めた。

 黒木は佐々木について「意外とウナギが好きとか、せりふ以外は関西弁だとか、役者になる前はサラリーマンをやっていたとか、独身というのも意外。(実家は)酒蔵の息子なのに日本酒じゃなくてシャンパンをくれたり、撮影中は刺激的でした」と素朴な人柄に好感を抱いているようだった。

キーワード

関連記事
PAGE TOP