佐々木蔵之介の会社員時代の同期・ますだおかだの増田英彦がドラマでも同期役に! 念願かない25年振りの再会

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で10月11日にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(木曜午後10:00)に、ますだおかだの増田英彦と音楽クリエイターのヒャダインが出演する。同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」を原作に、これからの人生を考え始めた大人たちが、黄昏(たそがれ)の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する物語。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木蔵之介、献身的な妻・真璃子を中山美穂、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞を黒木瞳が演じる。

 増田が演じるのは、瀧沢が左遷される前に勤めていた若葉銀行時代の同期・横尾博。40代半ばを過ぎた銀行員を待ち受ける“出向”という宿命を2度経験する苦労人という役どころ。実は増田と佐々木は、実際にサラリーマンをしていた時代に同じ会社で働いたことのある同期で、初共演にしてドラマでも同期役を演じる。

 増田は「25年振りの同僚。“いつか佐々木とサラリーマン役で共演できたらなぁ。ドラマかCMで”とずっと思っていたので、“ホンマに来た!”と感激しています」と念願かなった様子で、「蔵之介が演じる瀧沢と会社の玄関で会うシーン、25年前に大阪の会社で普通にあった光景が、フジテレビのドラマとして流れるって不思議です。しかも僕は大阪弁なので、あの時とそのまま! もし脱サラしなければ…そんな25年後の僕と佐々木がそこにいます」と再会を喜んでいる。

 一方、ヒャダインは若葉銀行の取引先であるIT企業の社長・大野役。ヒャダインが同系連続ドラマに出演するのは今回が初めて。ヒャダインは「びっくりするほど陽気な現場で、楽しくさせてもらいました。合間で佐々木さんと関西弁で世間話したことを、実家の母親に自慢してやろうと思います」と俳優業を存分に楽しんだようだ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP