山田孝之&菅田将暉のアクションがさく裂!!「dele」衝撃の最終回で明らかになる真実とは?

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で放送中の、山田孝之と菅田将暉が主演を務める連続ドラマ「dele(ディーリー)」(金曜午後11:15)が、9月14日に最終回を迎える。同ドラマは、死後に残る不都合なデジタル記録=デジタル遺品をテーマに、坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)がクライアントの依頼を受けて、デジタル遺品を内密に抹消していく中で生まれる人間ドラマを描く、1話完結形式のオリジナルストーリー。

 最終話では、これまでどこかおぼろげだった主人公2人へフォーカスを絞り込み、見る者の喜怒哀楽を総起動させる、波瀾(はらん)万丈といえる物語が展開する。圭司と祐太郎の拠点である「dele. LIFE」が何者かに襲撃されるなど、かつてない出来事が次々と巻き起こる。本作で大きな話題となった、気迫に満ちた圧巻アクションもさく裂。山田が“超絶車椅子アクション”を、菅田が“2分半におよぶ1カットアクションシーン”を繰り広げ、クライマックスを盛り上げる。

 また、ラストエピソードの脚本を手掛けるのは、本作の生みの親で、シリーズ全体の原案・パイロット脚本を担当しているベストセラー作家・本多孝好氏。今回、全8話の集大成として、2人の過去を真正面から描写。麿赤兒と大塚明夫をゲストに迎え、主人公2人の心をえぐり出す。

 祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の不審な死をめぐり、入院先の弁護をしていた辰巳仁志(大塚)が死亡。「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた辰巳のパソコンの動作停止を知らせる信号が、圭司の端末に送られる。その報告を受けた祐太郎は怒りを抑えた表情を浮かべる。いつもは朗らかな祐太郎の豹変(ひょうへん)ぶりに、驚きを隠せない圭司。まもなく辰巳が鈴の入院していた病院側の弁護を担当していた人物だと突き止める。当時、鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は心に大きな傷を負っていたのだ。祐太郎に共鳴した圭司は、辰巳が残した音声データを再生。そこには“祐太郎の無念を晴らす真実”を示唆する会話が残されていた。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2018年11月30日号
発売日:2018年11月21日(水)
特別定価:370円
表紙:櫻井翔

新着連載

PAGE TOP