古川雄輝、滝藤賢一、髙嶋政宏らが唐沢寿明主演「ハラスメントゲーム」に集結

ニュース
キーワード

 テレビ東京系で10月15日からスタートする、唐沢寿明主演のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz「ハラスメントゲーム」(月曜午後10:00)に、髙嶋政宏、滝藤賢一、佐野史郎、市川由衣、古川雄輝、石野真子が出演する。同ドラマは、人気脚本家・井上由美子氏の書き下ろし同名小説を原作に、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長であり、ハラスメント事件を解決するコンプライアンス室の室長でもある、主人公・秋津渉(唐沢)が、社内に起こるさまざまなハラスメント問題を奇抜なアイデアと手法で解決する、1話完結シリーズとして描かれていく。

「マルオーホールディングス」の顧問弁護士で「B&T法律事務所」所属の弁護士・矢澤光太郎役の古川は「近年問題になっているさまざまなハラスメントが題材のドラマへの出演ですが、これからの撮影を楽しみに台本を読んでいます。初共演の唐沢さんとのお芝居もとても楽しみです。共演者の皆さまと楽しく、良いものを作れるよう頑張ります」と意気込む。容姿端麗な役員担当秘書・小松美那子役の市川は「大先輩の役者の方々とご一緒させていただくので、今からドキドキしていますが、良い緊張感を持って取り組めたらと思います。演じるのがとても楽しみです」と語る。

 秋津の妻・瑛子役の石野は「妻の立場で日頃のうっぷん、笑顔でちくちく言いたいと思います」と役を楽しむ様子。広報&IR担当取締役・水谷逸郎役の佐野は「コンプライアンスが取りざたされるこの世の中で、ドラマ自体が『いかがなものか?』と問われることにもなりかねないシリーズ。さらにアブナく、火に油を注ぎ込む存在として邁進してまいりたいと存じます」と、役者として攻めの姿勢を崩さない貪欲さを示した。

 3代目マルオーホールディングスCEO・丸尾隆文役の滝藤は「井上先生の絶妙で巧みな言葉遊びの中で、いつの間にか皆さまを『ハラスメントゲーム』のとりこにできれば幸いです。唐沢さんをはじめ尊敬する先輩方に胸を借り、若手俳優たちに刺激を受けまくって、優秀なスタッフに支えてもらいながら、視聴者の皆さまと共に、すてきな時間を過ごせることを楽しみにしております…あれ? この文章、何かのハラスメントにひっかかっています?」と役柄と違う軽妙なコメントを寄せている。

 そして、マルオーホールディングス常務取締役で、本社に戻ってきた秋津と敵対していく脇田治夫役の髙嶋は「こんなすてきなメンツ、そして頼もしいスタッフの布陣で連ドラをできることはそうそうないので、撮影期間中、盛り上がり過ぎてわれを忘れないよう、自分を抑えながら楽しんでやっていきたいですね」と、撮影に向けテンションを上げて臨んでいる。

 さらに、秋津の娘・菜摘役を喜多乃愛、マルオーホールディングス副社長・岩村卓役を小倉一郎、専務・白石宗雄役を佐戸井けん太、取締役・青木順平役を伊藤正之がそれぞれ務める。副社長、専務、取締の3人によるユーモラスなやりとりにも注目が集まりそうだ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP