広瀬アリスが「ハラスメントゲーム」のヒロインに。「バリバリのキャリアウーマンを演じるのは初めて」

ニュース
キーワード

 テレビ東京系で10月15日からスタートする、唐沢寿明主演のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz「ハラスメントゲーム」(月曜午後10:00)のヒロインに、広瀬アリスの出演が決定した。同ドラマは、スーパー業界大手老舗会社の富山支店長であり、ハラスメント事件を解決するコンプライアンス室の室長でもある、主人公・秋津渉(唐沢)が、社内に起こるさまざまなハラスメント問題を奇抜なアイデアと手法で解決する、1話完結シリーズとして描かれていく。

 広瀬が演じる高村真琴は、秋津と2人だけのコンプライアンス室に所属。自分の意見を持ち、物おじせずに上司にもきちんと物申すことができる、心(しん)のある女性だ。左遷によるたらい回しでコンプライアンス室長としてやって来た変わり者の秋津の言動に対しても、しっかりとツッコミを入れるという役どころ。広瀬は「台本を読み始めた頃は、すごく無機質な女の子だなと感じていました。でも、監督といろいろと話をする中で、仕事が好きでビシバシ物事を言うけれど、自分の働く(マルオー)スーパーをとても愛しているということを聞き、無機質とまではいかないんだなと。言いたいことをちゃんと言うところや、意思をしっかり持っているところは、わりと自分と似ているのかなと思います」と役柄の印象を述べた。

 役作りで気を付けていることについて、広瀬は「せりふではある意味、過去一番難しいかなと思います。難しい専門用語をたくさん並べ、業務的な言葉遣いでかなり早口で話すことが多く、これまでそういう役はなかったので、楽しみでもあり、もっともっと今よりも頑張らなきゃと。これだけバリバリのキャリアウーマンを演じるのは初めてで、パンツスーツやストレートの髪型でのお仕事もほぼなかったので、かっこよくジャケットを着こなせるよう、すっと背筋が伸びます。また、今までにない役柄への挑戦になると思っています」と意欲的。

 今回のドラマのテーマ“コンプライアンス”については、「最近コンプライアンスは本当に頻繁に聞く言葉ですね。厳しい世の中になってきているので、タイムリーな作品になるのではないかと思います。コンプライアンスと聞くと堅苦しいドラマだと思われるかもしれませんが、唐沢さん演じる秋津がすごくユーモアのあるキャラクターなので、そうはならないんじゃないでしょうか」と、重くなりすぎずに楽しんで見られるドラマであることをアピールしている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP