漫画の実写化×俳優の演技論を描くドラマで蒼井優がナビゲーターに

ニュース
キーワード

 テレビ東京では10月期に「ドラマ25」枠で、ドキュメンタリードラマ「このマンガがすごい!」(金曜深夜0:52、開始日未定)を放送する。同ドラマは、その年1番面白かった漫画のランキングを発表する書籍「このマンガがすごい!」(宝島社)とのタッグで、毎回異なる豪華ゲスト俳優たちが好きな漫画について語り、役作りへのアプローチなど、漫画を実写化するまでの過程を記録する。ゲスト俳優は、今後続々と発表予定だ。

 ナビゲーターを務めるのは蒼井優。自身も漫画原作のドラマに数多く出演してきている蒼井は、「普段、役者同士でどういう風に役作りをするか、してきたかという話をすることがないので、皆さんが漫画実写化に当たっての役作りをされているところを見学させてもらったのは貴重な経験でした」と、撮影の印象を語った。また、「私は今回10人の、イレギュラーで11人の役者さんにお会いして(笑)、カッコよくていとおしいなと皆さんに対して思いました。ゲストに来てくださった方のすべてが映っているわけではないんですけど、皆さんの知らない部分やめったに見られないような役作りの過程とかを見ていただけるので、見てくださった方が、ゲストの方をより好きになっていただけたらうれしいなと思います」と見どころを語る。

 監督を務めるのは、「山田孝之の東京都北区赤羽」(2015年)などでもドキュメンタリードラマのメガホンをとった松江哲明氏。松江氏は「若手俳優がゲストに来た際、蒼井優が『あなたはこっち側に来ないでいいのに!』と言います。その時、私はその言葉に納得しつつも『ようこそ』と心の中でつぶやきました。彼の前にこの番組に参加していたある先輩は、獣の姿でオーディションを行い、また別のベテランは60歳を過ぎて小学生を演じましたし、風俗嬢に教えを乞う芝居が好きで仕方がない方もいました。“こっち側”とはそんな風に役と向き合う姿をカメラの前でさらすことです。私は“こっち側”を初めて体験した若手を含め、役者とはなんと面白い存在なのかと気付かされ、そして、彼、彼女らの原動力となった漫画愛について考えさせられました。この番組は、蒼井優と11人の役者が平成最後の夏に経験した“こっち側”の記録です」とドラマの見どころを明かしている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP