北川景子が“フェイクニュース”の真相を追う!「逃げ恥」の野木亜紀子オリジナル脚本作

ニュース
キーワード

 NHK総合では、北川景子の主演、野木亜紀子氏のオリジナル脚本によるドラマ「フェイクニュース」の前編を10月20日に、後編を27日に放送する(午後9:00)。インスタント食品への青虫混入ニュースの真相を追うネットメディア記者・東雲樹役を演じる北川は、「真実をあぶり出すことをテーマに、熱く演じたいと思います。真実とうそ、人は何を信じるのか。そんな普遍的なテーマを野木さんがエンターテインメント性あふれる脚本で書いてくださっています」と見どころを明かす。

 ある中年男性(光石研)が青虫の混入したインスタント食品をSNSに投稿し、その真偽が分からないまま次々とフェイクニュースが飛び交う事態になる。大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲が、編集長の宇佐美寛治(新井浩文)にこの件について取材するよう命じられ、騒動の真実を追うストーリーを描く。北川は、今作が同局のドラマ初主演となる。

 役どころについて、北川は「元大手新聞社の記者であったプライドを持つ熱い女性です。ネットメディアに対しては一般素人でも簡単に記事を投稿でき、誰でも、たとえそれが真実でなくとも世の中に発信できてしまう危険なものであり、真実が歪曲(わいきょく)されてしまうことも多々あると日々ネットメディアに勤務しながら釈然としない思いを抱いています」と語り、さらに「そんな樹がひょんなことからSNSで話題の事件の真相をとことん調べることになるというのが、とても面白いと思いました。何が真実で、何がうそなのか。あふれる情報を取捨選択する力、何を信じるべきなのか判断する力が、現代を生きる私たちには必要だと感じます」とドラマの意義を伝える。

 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年放送、TBS系)などのヒット作で知られる脚本の野木氏は、構想段階でフェイクニュースを取り巻く状況が一変し、脚本を練り直したことを明かし、「おそらく半年もすれば今の内容も古くなっていることでしょう。一方で、このドラマで描いている混乱は、半年後、1年後、10年後ですら変わらずに起こるような気もしています。全く喜べません」と苦笑い。「とはいえ、これはフィクションです。エンターテインメントドラマです。『NHK! 社会派! 現代社会に警鐘!』なんていうと難しいドラマのようですが、いうても青虫です。青虫と登場人物たちの悲喜こもごもを、軽い気持ちで見ていただけたら幸いです」とアピールしている。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP