Someday Somewhere・間島和奏が「ヒモメン」で美人司会者役に抜てき

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で放送中の連続ドラマ「ヒモメン」(土曜午後11:15)の8月18日放送・第4話に、ラストアイドルのSomeday Somewhere・間島和奏が出演することが分かった。同作は、鴻池剛氏の漫画「ヒモメン~ヒモ更生プログラム~」を原作に、“楽に生きたい”をモットーに、働き方改革時代のニューヒーロー=“ヒモメン”にスポットを当てた社会派コメディー。働かないことに全力を尽くすヒモ男“翔ちゃん”こと碑文谷翔(窪田正孝)と、彼を更生させたい恋人の看護師・春日ゆり子(川口春奈)の同棲(どうせい)生活を描く。

 間島は、秋元康と同局によるオーディション番組「ラストアイドル」(土曜深夜0:10)から生まれた、ラストアイドルの3rdシングル「好きで好きでしょうがない」や、ユニットのSomeday Somewhereでもセンターを務めている。今作が実写ドラマ初出演となり、翔がゆり子に働いているところを見せるために呼んだ「新型AIロボ発表会」で、AIロボを紹介する美人司会者を演じる。

 間島は「初めてのドラマ撮影で、しかも『ヒモメン』は私自身、視聴者として見たいと楽しみにしていたドラマだったので本当に緊張しました。最初のせりふを言う時、緊張で口の中が乾燥してしまってかみぎみになってしまったのですが、撮影が進んでいくにつれて、共演者の皆さんや監督さん、スタッフさんが優しくお話してくださったりアドバイスくださったりしたので、どんどん緊張がなくなっていきました。また、名だたる役者の皆さんの演技を間近で見ることができて、大きな経験にもなりました。この経験を生かして、これからもっとお芝居も勉強していけたらいいなと思います」と気合十分だ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP