Sexy Zone・菊池風磨がみやぞんの能力に驚嘆!!「鉄人の域に達している」

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で8月25~26日の「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(時間未定)のチャリティーランナーを務めるANZEN漫才のみやぞんが、神奈川県大磯町で公開練習を行った。スイム、バイク、ランを組み合わせたトライアスロン形式に挑むみやぞんは、「いろんな挑戦をしてきましたが、今回はかなり過酷」と厳しさをにじませながらも、「つらいですが、楽しまないともったいない。不安からかじを切って、楽しいにどれだけ変えられるかが勝負だと思う」と決意を新たにした。

 取材会には、みやぞんのほか、トレーナーの坂本雄次氏、応援に駆け付けた相方のあらぽん、練習をサポートするメインパーソナリティーのSexy Zone・菊池風磨も出席。これまでに計14回の練習を行い、この日初めて30kmのランに挑んだみやぞんは「初めて壁に当たりました。走りたいのに足が前に出ないし、左膝はアイスピックで刺されているように痛い」と体が悲鳴を上げ始めていることを告白。さらに、「スイム、バイクをより疲れないようにこなし、ランに持っていかなければならない。一つ一つを全力でやってしまうと、後に響いてしまう。このバランスが大変です」と、トライアスロン形式ならではの難しさも明かした。

 すでにランだけで走行距離は160km超に達しているが、笑顔を浮かべ、元気あふれる姿を見せるみやぞんについて、菊池は「前回の練習では20km近くを一緒に走りましたが、その時に坂本トレーナーが横で言っていたことを今回はほぼクリアしていて、全然別人でした。ただでさえすごいのに、鉄人の域に達している」と驚きを隠せない様子。

 坂本トレーナーも「彼の一番の強みはメンタル。しかも、今回は3種類に挑戦するので、得手不得手があるはずなのに、言われたことを言われた通りにできるのがすごい。のみ込みの部分は、過去のランナーの中でもトップクラス」と太鼓判を押していた。

キーワード

関連記事
PAGE TOP