町田啓太が有村架純の婚約者に。教師と中学生の禁断の恋を描く「中学聖日記」で吉田羊、夏川結衣らも共演

ニュース
キーワード

 TBS系で10月期に放送の連続ドラマ「中学聖日記」(火曜午後10:00、開始日未定)に、町田啓太が出演することが決まった。同作は、かわかみじゅんこ氏の同名漫画を原作に、念願の教職に就いた主人公・末永聖(有村架純)が、自分を大切に思ってくれる年上の婚約者がいながらも、初任地の学校で出会った不思議な魅力を持つ中学3年生・黒岩晶(あきら)に引かれていく“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー。聖の婚約者でエリート商社マンの川合勝太郎を演じる町田は、「純粋すぎるほどのラブストーリーに参加できて、本当に光栄です。中学・高校生の頃、ラブストーリーのドラマをたくさん見て育ったこともあって、憧れを抱いていた作風に挑戦できることにワクワクしています」と意気込んでいる。

 町田は「優しくて奇麗な描写に引き込まれながら、原作を読ませていただきました。これが『好き』っていう気持ちなんだと初めて気付いた時の何とも言えない高揚感、好きをどう相手に伝えたらいいのかヤキモキしていた小さい頃を思い出しました。好きになる気持ちに年齢は関係ないよとよく聞くけど、本当にそうなのか、その一つの答えがこの原作にはあると感じました」と、すっかり世界観に引き込まれている様子。

 また、自身の役柄についても、「演じる勝太郎はポジティブな自信家。婚約者が中学生の教え子に心引かれていくという夢にも思わなかった事態に、そんな彼がどう向き合っていくのか、体現できるのか、今から楽しみでなりません。僕の中にある小さな太陽を少しでも強く輝かせて、役に寄り添いながら、素直に出てきた感情を大切にして演じていきたいと思います」と撮影が待ち遠しいようだ。

 そのほか、勝太郎の会社の先輩・原口律を吉田羊、禁断の初恋をする息子の晶を案じるシングルマザー・黒岩愛子を夏川結衣、聖が勤める子星中学校の教頭・塩谷三千代を夏木マリ、ドラマオリジナルキャラクターの聖の相談相手となる小学校教師・丹羽千鶴を友近、愛子が営む会社の部下・上布茂をマキタスポーツが演じることも明らかになった。

キーワード

関連記事
PAGE TOP