高橋克典の“中年ラガーマン”ドラマの現場は和気あいあい!! 夜の街でも団結!?

ニュース
キーワード

 NHK総合で9月1日にスタートする、中年ラガーマンと家族の再生を描く連続ドラマ「不惑のスクラム」(土曜午後8:15=NHK大阪放送局制作)のロケ取材会が行われ、主演の高橋克典らが出席した。主人公の丸川良平役を演じる高橋は、「丸川は不慮の事故で生きる希望を失いかけますが、ラグビーとヤンチャーズに救われて、なんとか生きていく糧を見つけます。そして家族とまた会って、前を向いて生きていくことを見つけていく役です。そんな40代のいろんなヒントが詰まっています」と役柄と見どころを明かした。

 ドラマは、安藤祐介氏の同名小説を原作に、刑務所から出所した丸川が、居場所をなくした“週末ラガーマン”たちによる草ラグビーチーム・大坂淀川ヤンチャーズと出会い、ラグビーを通じて心を通わせ、やがて別れた家族と再会するまでを描くストーリー。兵庫県宝塚市内のグラウンドで行われたロケでは、試合後に相手チームと談笑するヤンチャーズのシーンが撮影された。

 おじさんばかりの現場とあって、共演者の結束が強いようで、ヤンチャーズメンバーの金田順三を演じる村田雄浩は「撮影後は、松尾諭くんを筆頭に夜の街でかなり盛り上がって、すごくいいチームワークになっています」と冗談交じりに昼夜問わず団結していることを明かし、「炎天下の中、ちょっと熱中症にかかりながら、あるいは突き指したりもしながらの撮影ですが、われわれのレベルも相当上がっている。ぜひラグビーシーンもご期待いただきたい」とアピール。

 メンバーの二階堂謙信役の高橋光臣も「ロケバスがうるさい、うるさい。先輩方がこんなにうるさいロケバスって初めて。今日も『飛行機だ!』『モノレールだ!』とかわけ分かんないことをずっと言っていた。だから逆に黙っているので、楽です。すごく楽しい現場だなと思ってやっています」と、小学生のようにはしゃぐほど和気あいあいとしている現場の雰囲気を明かしていた。

 そのほか、取材会には萩原健一、渡辺いっけい、徳井優、上杉祥三、松尾、増田修一朗も出席した。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年6月28日号
発売日:2019年6月19日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:King & Prince

新着連載

PAGE TOP