サッカー日本代表・長友佑都が“小さな選手が語った涙の言葉”の真相を初告白

ニュース
キーワード

 TBS系で7月27日に放送される「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜午後8:57)に、サッカー日本代表の長友佑都選手が出演し、日本代表がベスト16入りした、2018FIFAワールドカップ ロシアの舞台裏や、開催2カ月前の監督交代、“おっさんJAPAN”と呼ばれていた時の心境などを明かすことが分かった。

 同番組は、中居正広がMCを務める人気バラエティー。今回は、ベスト16入りの立役者となった長友選手の幼少期から今日までの軌跡を振り返り、中居、パネリストの大竹しのぶ、假屋崎省吾、室井佑月らが激動の展開となったワールドカップ前後について、長友選手に質問を投げかける。「日本代表選手を会社の役職に例えると」という問いに、長友選手は「本田圭佑は社長(西野朗監督)のすぐ下にいくんじゃないですか」と答え、スタジオが笑いに包まれるが、話題がワールドカップ開催2カ月前の監督交代劇に及ぶと、「雰囲気は良くなかった。自分が若手だったら、こういうチームにいたくないなって思った。だからこそ僕もベテラン組に入るので、若手をリラックスさせることに努めました」と当時の状況を振り返った。

 さらに、これまで語ることのなかった“小さな選手が語った涙の言葉”の真相について、番組で初告白する場面も。ポーランド戦でのラスト10分間のパス回しはさまざまな論争を呼んだが、西野監督は試合後に選手を集め、このような戦術を取らざるを得なかったことを謝罪したという。帰国後の会見で、西野監督は「ある選手が1次リーグを突破した翌日のミーティングでいきなり発言して。小さな選手なんですけど、(前回大会の)ブラジルの話をしたかったんでしょうけど、ブラジルという言葉を言った瞬間に言葉を詰まらせたんです。その後、泣きじゃくりながら話してくれたことは、早い段階で世界に追いつける、そういう姿勢を与えてくれた選手がいた」と語っていた。その“小さな選手”とは長友選手のことで、果たして何があったのか。何を語って、チームをさらに結束させ、快挙を成し遂げたのかが、本人の口から明かされる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP