佐々木蔵之介×中山美穂×黒木瞳が人生の岐路で切ない恋に落ちる!!

ニュース
キーワード

 佐々木蔵之介が、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「黄昏流星群」(木曜午後10:00、開始日未定)に主演する。同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、そしてその恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを、セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋物語として描く。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治役を佐々木、献身的な妻・真璃子役を中山美穂、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞役を黒木瞳が演じる。出世目前に左遷の憂き目に遭い、どん底に突き落とされた時に運命の女性と出会い、第2の人生を見つめ直す完治。佐々木にとっては自身初の王道ラブストーリーとなる。

 佐々木は「完治という役は、ほぼ私と同年代で、等身大でやらせていただける役だと思いました。私も会社勤めをしていたこともありますし、まさに今“黄昏世代”ですし、リアルな姿として視聴者の方に見ていただける役ができるのではないか」と早くも手応え十分。中山については「アイドルの頃からずっと見ていた方なので、正直うれしいです。(撮影中は)そんな気持ちは封印し、演じています」と共演を喜んでいる。黒木には「しっかり芝居を組むのは初めてで、ドキドキしています。チャーミングでかわいらしく、かっぽう着姿の時ですら引き込まれますね。同じように人生を振り返るタイミングで出会った2人が引かれていく、その感じを一緒に出せたら」と期待している。

 中山は「佐々木さんは一緒に撮影していてとても楽しい方で、撮影初日から、ちゃんと夫婦としていられているような気がしているので、そのあたりはすごく安心」と全幅の信頼を寄せており、黒木も「佐々木さんとは撮影前に、脚本をしっかり理解すべく、こうじゃないか、ああぁじゃないかと話し合いました。2人のシーンでは、人生の黄昏を切なく美しく作り上げたい」と意気込んでいる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP