唐沢寿明がテレ東のSPドラマ&連ドラに続けて初主演!!「連続して面白いものにしたい」

ニュース
キーワード

 唐沢寿明が、テレビ東京で今秋放送される特別ドラマ「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!」(仮題、日時未定)と、10月期の月曜午後10時の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」(仮題。月曜午後10:00、開始日未定)に主演することが分かった。同局での唐沢の主演ドラマは初めてで、「あまんじゃく~」は唐沢本人が映像化を熱望していた藤村いずみ氏による小説を初の実写化するもので、“元外科医の殺し屋”が主人公の医療エンターテインメント。「ハラスメントゲーム」は、“ハラスメント事件を解決するコンプライアンス室の室長”が主人公となる痛快ヒューマンドラマだ。 殺し屋とコンプライアンス室長と、真逆ともいえる役柄を唐沢がどのように演じ分けるのかに注目したい。

 「あまんじゃく~」では、優秀な外科医として働いていたが、恩師の教授に裏切られたことから殺し屋稼業に足を踏み入れることになった殺し屋・折壁嵩男(おりかべたかお)が、病院の顧問をしていた弁護士経由で仕事の依頼を受け、法の裁きをすり抜け悪事を働く医者を、銃や刃物ではなく医学の知識を利用した華麗な完全犯罪で次々に始末していく。しかし、ある時、人知れず社会に潜伏する闇の組織の存在に気付いた嵩男は、その魔の手から狙われることになる。

 また、一方「ハラスメントゲーム」の主人公は、スーパー業界大手老舗会社「マルオホールディングス」の富山支店長・秋津渉。ある事情から左遷され、家族で地方に移り住んでいたが、秋津はコンプライアンス室長として本社に呼び戻される。そこには、社長や取締役たちのある思惑が隠されており、社内に起こるさまざまなハラスメント問題を奇抜なアイデアと手法で解決する、1話完結シリーズで描かれていく。

 今回の2作品への出演について、唐沢は「数年前から、テレビ東京の番組が面白いと思っていました。攻めていて、今、勢いがあるテレビ東京に目が行きますし、自分自身も攻めたことをやっていきたいと常に思っています。『あまんじゃく』は今までにない役どころですが、(ドラマは)常に新しい挑戦だと思い演じています。殺しをやる時の雰囲気とか、視聴者が思わず驚くようなシーンもあります。連ドラ『ハラスメントゲーム』は、『あまんじゃく』とは役の印象が対照的で全く違います。脚本も過去に何作かご一緒した井上由美子さんです。固いイメージのビジネスマンの中に、井上さんの描くエンタメ感がちりばめられて、どなたにでも見やすい作品になると思います。普通にやるのではなくて、見ている人が面白いと思えるものを作りたい。そこはこだわりたいところです。特番、連ドラどちらも面白いです。連続して面白いものにしたいなと思っています」と意気込みと見どころを語っている。

 同局の田淵俊彦プロデューサーは、「特番に続ける形で、唐沢さんに全く“正反対”ともいえる役柄の主人公を演じてもらったら、面白いのではないか。そうたくらんだ。唐沢さんは『面白いじゃないか』と賛同してくれ、『テレ東だからできるチャレンジだ』とも言ってくれた。振り切った、奔放でゴージャスかつ痛快な“唐沢エンターテインメント”をぜひ、堪能していただきたい」と話している。

 また、「ハラスメントゲーム」は、地上波放送終了後、BSジャパンと定額制動画配信サービス・Paraviでの配信も決定している。

キーワード

関連記事
PAGE TOP