加藤シゲアキが撮影現場で31歳のバースデー。「またゼロから初心の気持ちで頑張っていく」

ニュース
キーワード

 7月15日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(日曜午後10:30、初回は午後10:00)で、主人公の宇海零(ゼロ)役を演じる加藤シゲアキが、7月11日に撮影現場で31歳の誕生日を迎え、「撮影中に誕生日当日を迎えられて、とても幸せです。31歳になりましたが、ゼロ役ということもあり、またゼロから初心の気持ちで頑張っていければと思います」と喜びと決意を明かした。

 同ドラマは、福本伸行氏の人気漫画「賭博覇王伝 零」を原作に、進学塾の講師と天才ギャンブラーの義賊という二つの顔を持つ零が、1000億円と命を懸けたサバイバルゲームに参加するストーリー。

 加藤の誕生日祝いでは、零の役柄に合わせて、スチームパンクのハットがデコレーションされた特注のケーキが用意され、年齢にちなんだ「31」をかたどったろうそくを吹き消した加藤は、「撮影現場はとても良いチームワークと雰囲気でワイワイ楽しくやっています。若い俳優さんと先輩の俳優さんに囲まれて、とても良い刺激をもらっています」と、うれしそうに笑顔を浮かべた。クランクインしてから誕生日を迎えた出演者は、小関裕太(6月8日)、間宮祥太朗(6月11日)、岡山天音(6月17日)、ケンドーコバヤシ(7月4日)に続き、加藤が5人目。夏ドラマにふさわしく“夏男”が勢ぞろいしている。

 また、零のライバルとなる標(しるべ)役が、15日の初回放送で明らかになることも発表され、現在その出演権を懸けてジャニーズJr.の井上瑞稀、髙橋優斗、岩﨑大昇、佐藤龍我、道枝駿佑、西村拓哉、長尾謙杜、嶋﨑斗亜、織山尚大の9人が競い合っており、16日に同局で放送の「Jr.選抜! 標への道」(深夜0:59、関東ローカル)で勝者決定の瞬間が明かされる。標は零をもしのぐ頭脳を持ち、冷静沈着で寡黙ながら大きな野望を胸に秘めた謎の男で、ドラマの展開を左右する重要な役柄となる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP