地下鉄サリン事件の実行犯自首の真相が明らかに。千葉真一&真瀬樹里が明かす女優・野際陽子とは?

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で7月12日放送のバラエティー「直撃!シンソウ坂上SP」(午後7:57)では、7人に死刑が執行されたことで大きな節目を迎えたオウム真理教が起こした事件を取り上げる。

 松本智津夫こと麻原彰晃が率いたオウム真理教が1995年に引き起こした、地下鉄サリン事件。その実行犯の中で唯一死刑判決にならなかった林郁夫受刑者が、地下鉄サリン事件への関与について自首、さらにはオウム真理教の実態についてすべてを告白し、それらが事件の全容解明およびオウム真理教解体につながった。林受刑者は、なぜ教団に背を向けたのか? その背景には、合計1500時間にわたって取り調べを担当した刑事との知られざる攻防があった。

 同番組では、この刑事への徹底取材を基にした本格ドキュメンタリードラマで、当時を再現。ドラマでは、林受刑者を岡部たかし、林受刑者の取り調べを行った警視庁第三機動捜査隊・稲冨功氏を渡辺いっけい、その後輩刑事を松尾諭が演じる。

 さらに、今回のスペシャルでは、肺腺がんを患い、昨年6月に81年の生涯に幕を閉じた女優・野際陽子さんの一人娘で、女優の真瀬樹里が今だから明かせる、闘病生活の真相を語り尽くす。母と娘の知られざる確執が次々と飛び出し、真瀬が20歳の時に野際さんからもらった手紙を初披露。そして、野際さんの元夫・千葉真一にも坂上が直撃インタビューを敢行する。

キーワード

関連記事
PAGE TOP