吉岡里帆「心に必ず残る作品になる」と主演ドラマに自信。田中圭は「ビシッとやります」気合十分

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で7月17日からスタートする連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の制作発表会見に、主演の吉岡里帆、共演の井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭、遠藤憲一が参加した。同作は、漫画家・柏木ハルコ氏による累計50万部突破の同名コミックを連ド化。吉岡演じる新人公務員の義経えみるが、生活保護受給者を支援するケースワーカーとして奮闘していく姿を描く。吉岡は「明るく前向きで夏にぴったりな題材のドラマ。シビアな内容ではありますが、描かれている内容は温かみのある人間の大事な部分を丁寧に描き出そうとしています。一つ一つを積み重ねていっている作品は、一つにつながった時に、お客さんの心に必ず残る作品になると自信を持ってお届けします」と宣言した。

 えみるの上司・京極大輝に扮(ふん)する田中は「説明ぜりふや仕事の仕組みを話さなければいけない上司のポジションなので、せりふを覚えるのがきついなと思いつつも、ちゃんと覚えてビシッとやって、撮影をすぐに終わらせて帰りたいです」と意気込む。えみるの同僚・栗橋千奈役の川栄は「頭脳明晰(めいせき)なキャラクターですが、せりふに難しい言葉がずらっと並んでいて、それをわりと早口で話すので難しい」と、専門的な業種ならではの苦労を口にした。

 えみるが関わることになる生活保護受給者・阿久沢正男役の遠藤は「キャラクターもかなり変わっていますが、すべての受給者がこういう人ではありません。ドラマを見て、現実と違うじゃないかと思った人は、フジテレビや関西テレビに文句を言わないでください。役作りした僕を批判してください」と笑わせつつ、「撮影では吉岡ちゃんとのからみが多く、役柄の設定上とはいえ、常に励まされています。皆さんと一緒の撮影場面は少ないですが、かわいいえみるに励まされて幸せな毎日を送っています」と笑顔で報告した。

キーワード

関連記事
PAGE TOP