KAT-TUNの「タメ旅」が2年ぶりに地上波放送!!「人生初の投網に挑戦した僕らの奮闘を楽しんで」

ニュース
キーワード

 TBS系では7月19日に「KAT-TUNの世界一タメになる旅!SP」(午後11:56)を放送する。同番組は、2015年4月から16年3月までレギュラー放送され、今年5月にはネット動画配信サービス・Paravi(パラビ)で「KAT-TUNの世界一タメになる旅!+」として復活しているが、地上波放送は約2年ぶりとなる。亀梨和也は「ホーム的な地上波でまた皆さんに見ていただけることをうれしく思います。現在、Paraviで『タメ旅+』として配信されていますが、今回は地上波ならではの角度があると思いますので、その角度の笑いで頑張ります」と、喜びと意気込みを明かしている。

 同番組はKAT-TUNがさまざまな旅に挑戦するバラエティーで、今回は「日本全国投網の旅 in 多摩川」と題し、メンバーが多摩川での投網漁に挑戦する。数多くの淡水魚が生息していることで知られる多摩川だが、過去にはピラニアなどの外来種が見つかったこともあり、どんな魚を捕獲できるのかが見どころになる。

 亀梨は「自然と触れ合いながら新たな発見があると思います。人生初の投網に挑戦しているので僕らの奮闘を楽しんでください」とアピール。中丸雄一も「川の生態とか投網自体もなかなか詳しく知ることができないので、今回のスペシャルで笑いながら詳しくなれると思います」と楽しみにしている様子。

 また、上田竜也は「多摩川にどんな魚、外来種がいるか見られるのも楽しいですし、多摩川自体の勉強にもなると思います。炎天下の中、多摩川の移動に使ったボートも手こぎで大変でしたが、プライベートではなかなかできない体験もできて、僕自身も楽しめました」と手応えを感じているようだ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP