【W杯・日本×ポーランド】柴崎岳が生み出す決定機、昌子源の強さ…期待せずにいられない決勝トーナメント進出は目前!

ニュース
キーワード

 これまでの歓喜や奮闘が報われるかどうかは、すべてポーランドとの第3戦次第だ。

 ロシアワールドカップを戦う日本代表は、グループステージ第1戦でコロンビアに2−1で勝利すると、第2戦では二度のリードを許しながら追いつき、2−2の引き分けに持ち込んだ。

 決着が着く第3戦を前に、グループHの状況を整理しておこう。トーナメント形式となる決勝トーナメントには、各グループの上位2チームが進出できる。日本のいるグループHは、第2戦を終えて日本が1勝1敗の勝ち点4で1位。続く2位のセネガルも1勝1敗の勝ち点4(日本とセネガルは得失点差、総得点も同じ、フェアプレーポイントにより日本が1位)で並んでいる。3位には1勝1敗のコロンビアが勝ち点3でつけており、日本が第3戦で対戦するポーランドは2敗で、すでに敗退が決定している。

 それらの状況を踏まえ、日本は第3戦でポーランドに、勝ち(勝ち点3)、もしくは引き分け(勝ち点1)でも決勝トーナメントに進出できる状況にある。ちなみに第3戦は2試合が同時刻にキックオフされるが、仮に日本がポーランドに敗れたとしても、セネガルがコロンビアに勝利すれば、2位で決勝トーナメントに進出できる。もちろん、敗退する可能性もあるわけだが、第3戦に引き分け以上で先に進める状況を作り出したのは、間違いなく選手たちの健闘によるものだ。

 引き分けたとはいえ、セネガル戦は見事だった。1点目を挙げた乾貴士、2点目を決めた本田圭佑の勝負強さもさることながら、特筆すべきは、日本の対応力である。

 戦前の想像どおり、セネガルの選手たちは身体能力でまさっていた。だが、相手エースのエムバイエ・ニアンに狙われていたDF昌子源は、その屈強なFWに負けることなく、一対一でも勝利。左サイドを担ったDF長友佑都とMF乾貴士にしても、開始直後は、イスマイラ・サールのスピードに後手を踏んでいたが、うまく距離感をつかむと、抑える手段を導き出した。

 ここでは細かい戦術の言及については避けるが、攻撃にしてもMF長谷部誠が最終ラインまで下がることで、パスのつなぎ役となり絶妙に試合をコントロールしていた。相手指揮官であるアリウ・シセも脱帽したようにFW大迫勇也のポストプレーや、長短のパスで攻撃を彩ったMF柴崎岳のセンスも際立ったが、それ以上に、試合中に見せた対応力こそが日本の強みであり、武器だった。

 何が言いたいかというと、ポーランド戦でもその柔軟性であり、適応力が必ず生きるはず。正直、第3戦に臨んでくるポーランドのモチベーションは計りにくい。すでにグループステージ敗退が決定しているし、エースであるFWロベルト・レヴァンドフスキが不満を吐露し、チームワークが乱れているとの声もある。

 その一方で、他グループに目を向ければ、敗退が決定しているチームが第3戦で善戦しているのも事実。失うものがなくなったポーランドも、ある意味、開き直って、本来の力を取り戻してくる可能性もある。

 もともと、グループステージで対戦する3チームの中では、組織的に戦ってくるポーランドが最も組みしやすいと言われていた。パワープレーなどの力業に出てくるわけでもなければ、前線のスピードを生かしてくるわけでもなく、パスをつないで攻撃を構築してくるからだ。そうしたポーランドには、日本も組織力で対抗できるだろう。加えて2試合を見る限り、ポーランドは最も警戒すべきレヴァンドフスキにうまくパスが供給されていない。セネガルやコロンビアが封じていたように、日本も抑えられるはず。仮にポーランドがレヴァンドフスキにボールを集めてきたとしても、この大会中に成長している吉田麻也と昌子のコンビならばはね返せる。異なる戦い方を仕掛けてきたとしても、選手間で話し合い修正を図ってきている日本ならば、素早く対応方法を見つけられるはずだ。

 引き分けでも決勝トーナメントに進出できる状況にあるが、狙ってドローに持ち込むのは難しい。それだけに、これまでの2試合と同様、キックオフから積極的に前に出ていく戦い方が望ましいだろう。疲労もあるため、メンバー変更もありそうだが、期待したいのは、柴崎であり、香川真司といった中央でプレーする選手たちだ。柴崎には前線やサイドへの効果的な縦パスを狙って決定機の演出を、香川にはサイドから折り返されたラストパスを決めきる働きが求められる。また前線の大迫や香川がゴール前で潰れれば、サイドの乾や原口元気、もしくは宇佐美貴史にも得点するチャンスが巡ってくる。

 何より選手たちは、2試合を戦い、ポーランドとも互角以上に戦えるという自信をつかんでいるはず。コロンビア戦は数的優位による勝利、セネガル戦は押し込みながらも引き分けだった。それだけに第3戦となるポーランド戦こそ、力を出し切り勝利して、ベスト16入りを決めてもらいたい。自分たち次第で2大会ぶりとなる決勝トーナメント進出がつかめる状況にある。消極的になったり、セーフティーに戦いすぎたりすることなく、積極的にその切符をつかみにいってほしい。自分たち次第で、未来を変えられるのだから……。

文/原田大輔

【放送スケジュール】
日本×ポーランド
6月28日(木)
フジテレビ系 午後10:40~深夜1:10(生中継)

6月29日(金)
フジテレビ系 午前8:00~10:30(録画)
NHK BS1 午後8:00~9:55(録画)

6月30日(土)
BSフジ 午後2:30~4:55(録画)
キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
TVガイド2020年2月28日号
発売日:2020年2月19日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:Hey! Say! JUMP

新着連載

PAGE TOP