平岡祐太、勝村政信、尾美としのり、矢田亜希子らが松本清張最後のミステリー作品に出演

ニュース
キーワード

 テレビ東京系で7月2日に放送される、松本清張特別企画「犯罪の回送」(午後9:00)の追加キャストが発表され、矢田亜希子、勝村政信、平岡祐太、尾美としのりらが出演することが分かった。同ドラマは、松本清張が遺(のこ)した最後のミステリー作品が原作で、映像化は初めてとなる。北海道の市長が東京出張中に失踪し、政敵と美人秘書の不可解な行動が、やがて北海道・東京を結ぶ愛憎がからみ合う事件へとつながっていくミステリー。

 主役の警視庁刑事部捜査一課警部・田代俊一郎役を務めるのは、村上弘明。北海道警の刑事部捜査一課警部・小森修司役を陣内孝則が演じるほか、失踪した市長の妻で元ススキノのクラブのママ・春田美知子役を矢田、市長の実弟・春田雄次役を勝村、田代の部下である警部補・岡本和也役を平岡、市長と対立する革新派の市議・早川準二役を尾美が務める。

 矢田は「ちょっとミステリアスな、若いけれども、年に見えないその女性らしさをうまく出せるよう、気を付けながら演じました」と役づくりについて明かす。勝村は「芯の強い揺るがない本が多い清張作品ですので、当時でもイキイキとしている女性の描かれ方がすごくすてきで、展開や物語の運び方なども『さすが大巨匠!』と感じる作品です。原作を読んでいる方もたくさんいると思うので、内容は分かっていてもこういうふうな展開になるんだなとか、今回のキャストだとこうなるんだとか、今回ならではの出演者の組み合わせも楽しんでいただけたらなと思います」と見どころを語った。

 平岡は「僕は今作で、田代さんの部下として行動を共にする、アシスタントのような役柄を演じています。田代さんが事件をひもといていく時に、岡本自身も一緒に事件の深みにはまっていくというか、事件の深いところに視聴者の方と同じ目線や気持ちでたどり着けるようなキャラクターになっていけたらいいなと思って演じました。人のいざこざや、そしてそこにトリックが関わってくるという部分の面白さも楽しんでいただけたらと思います」と話し、尾美は「台本に書かれているせりふがほとんどなく、なかなか苦労しました。作品を見て、楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールした。

 物語は、北海道北浦市の市長の失踪事件から始まる。出張先の東京で突然失踪した市長の捜索願が警視庁へ出され、刑事の田代らが捜索を始めるが、市長の美人秘書・有島は、不可解な単独行動を取り続ける。時を同じくして、市長の政敵もひそかに上京していることが分かったが、行方が分からない。失踪した2人の政治家と二つの地酒…さまざまな思惑と愛憎が入り混じる中、驚きのトリックで、市長殺しの犯人が明らかになる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP