西山茉希がママの一面を披露。子どもの写真撮影で高性能スマホにびっくり

ニュース
キーワード

 西山茉希が「ファーウェイ・ジャパン 新商品発表会」に出席した。6月15日から順次発売される高機能スリムボディ・スマートフォン「HUAWEI P20」について、西山は「私自身、機械に強くなくて、いろんな設定があると分からなくなるんですが、実際に使ってみて、これは撮るのがすごく楽しいなっていう印象を受けました」と率直な感想を述べた。

 イベントでは、西山が事前に屋外・室内・暗闇のシーン別に撮影した写真を紹介。1枚目は、西山が子どもたちと写っている写真。西山は「家族旅行の出発前に、自宅の外で撮りました。室内とは違った色の鮮やかさで、もっといろんな場所(屋外)で撮りたいなっていうふうに思いましたね。あと、その瞬間を逃さないっていうのが特徴でもあって、こっちが撮りたい瞬間でも、なかなか子どもたちには伝わらなかったりするので、カメラが自分に協力してくれてるような感じで、すごくありがたいですよね」と、ママ目線で「HUAWEI P20」の魅力を語った。

 2枚目は、自宅でのワンショット。これについては、「片手で撮ったんですけど、ブレもしないで撮れましたし、しかも、外で撮った時に比べて柔らかい印象の、加工した後の画像みたいに撮れました」と、今までのスマホカメラとは異なる写真の仕上がりに、とても満足した様子。

 3枚目は、西山の娘が寝ている写真で、「これはびっくりしました! 夜間モードっていうのがあって、子どもたちが寝静まるのを待って、夜中にこっそり撮影してみたんですけど、あまりにも奇麗に写ってしまっていて、わが家の枕、こんなに使い込んでたっけな~?っていう(笑)。枕変えようって思いました(笑)。暗闇でボケちゃったりとか、不鮮明な画像になったりすることが多いんですよ。でも、うぶ毛の1本1本までくっきり写って、肌質もすごく奇麗に写ったので、びっくりしましたね」と驚きとともに、暗闇モードの高性能ぶりをアピールした。

 最後に、「HUAWEI P20」のおすすめポイントを聞かれると、「撮る楽しさと、画質の奇麗さは、1度ご自身で体感してみないと分からないと思うので、ぜひ皆さんに実際に手に取って、いろんな写真を撮ってみてほしいなと思います」と話した。

キーワード

関連記事
PAGE TOP