吉高由里子が「正義のセ」クランクアップで感涙。「現場に恋した3カ月間でした」

ニュース
キーワード

 6月13日に最終回が放送される日本テレビ系連続ドラマ「正義のセ」(水曜午後10:00)がクランクアップし、主演の吉高由里子が、「ホッとしたのか、寂しいのか、たぶん両方なんですけど、この作品への思いがずっと蓄積されていて、キャパを超えてしまって泣いている気がします。やっぱり撮影現場が好きだなーと、現場に恋した3カ月間でした」と涙ながらに演じきった喜びを語った。

 同ドラマは阿川佐和子氏の同名小説を原作に、下町生まれの新人検事・竹村凜々子(吉高)が仕事に恋に奔走しながら、成長する姿を描く物語。最終回では、衆議院議員・中条良成(宅麻伸)の息子・秀成(落合モトキ)が正当防衛を主張する殺人事件を担当することになった凜々子が、事務官の相原勉(安田顕)と共に捜査を進めると、意外な真実が隠されていることが分かる。しかし、マスコミを動かし、世論を検察批判に導こうとする中条によって、検察庁全体の危機に直面してしまう。

 最終回で、凜々子と相原が事件の聞き込み捜査をする海辺の町のシーンでクランクアップを迎えた吉高は、「隣にいらっしゃる安田さんには、小さな声と大きな心でたくさん支えてもらいました。撮影の間、とにかくむき出しに取り組んできました。それを温かく見守ってくださったキャストの皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうござました」と、共演者とスタッフに支えられたことを告白。

 共にクランクアップを迎えた安田も、「本当に忘れられない3カ月になりました。こんな40代のおっさんに主演の方のバディ役を演じる機会を頂いて、とても光栄でした。主演の吉高さんからは、人として大事なことをたくさん教わった気がします。出会いに感謝したいと思います。ありがとうございます」と吉高をねぎらい、最後は笑顔の終幕となった。

キーワード

関連記事
PAGE TOP