相葉雅紀が心優しい獣医師役に!「僕とシッポと神楽坂」が10月からスタート

ニュース
キーワード

 嵐の相葉雅紀が、テレビ朝日系で10月からスタートする金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」(金曜午後11:15、開始日未定)の主演を務めることが分かった。相葉は2011年に同局で放送されたドラマ「バーテンダー」以来、7年半ぶりの連続ドラマ主演となる。同作は、漫画家・たらさわみち氏原作の獣医師・高円寺達也(相葉)を主人公とした、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルストーリー。通称・コオ先生と呼ばれる心優しい高円寺が、言葉を話すことができない動物(シッポ)たちに対し、持ち前の動物の心に寄り添う才能と勤務医時代の経験をもって接し、町の動物のお医者さんとして唯一無二の存在になっていく。

 相葉は「お話を頂いた後、どんな物語なんだろうとすぐに原作を読みました。“動物の終末ケア”といった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人とのつながりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとてもすてきな物語だと感じました。ドラマではどんなストーリーになっていくのか、今から演じるのがとても楽しみです」と意欲的だ。また、役柄については「僕が演じるコオ先生はすごく人間味のある人。動物や飼い主の方に寄り添ってくれる優しい人です。コオ先生の周りには年上の女性が多いのですが、僕も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられている感じは、なんだか共感できました(笑)。1話に1回は手術のシーンも出てくるので、クランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら、役作りも含めて準備していきたいと思っています」と共感しながらも気合を見せた。

 最後に相葉は、「初めて主演ドラマをやらせていただいた金曜ナイトドラマの枠に、もう1度戻ってくることができてとてもうれしいですし、光栄です。『僕とシッポと神楽坂』は温かいお話なので、皆さんの金曜の夜を温かくできたらいいなと思います」と締めくくった。

キーワード

関連記事
PAGE TOP