柳沢慎吾と中島唱子が中華料理店で対面! あの青春ドラマを思い出す!?

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で放送中の新川優愛主演の連続ドラマ「いつまでも白い羽根」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)の5月19日放送回・第7話に、柳沢慎吾と中島唱子が共演する。同作は、作家・藤岡陽子氏による同名小説が原作で、看護学校に通う木崎瑠美(新川)が、共に学ぶ山田千夏(伊藤沙莉)たちや患者との交流によって、成長していく姿を描く。柳沢は千夏の父親で中華料理店の主人・健司として出演しており、第7話では、健司と千夏が大勢の客の前で、大声で親子げんかをする場面があり、その客の1人を中島が演じる。

 柳沢と中島といえば、青春ドラマの名作「ふぞろいの林檎たち」シリーズ(TBS系)で共演した間柄。恋人から始まり、やがて結婚、さらに夫婦で中華料理店を切り盛りするという役柄を演じていたため、柳沢と中島が中華料理店の店内にそろっているだけでも、当時を知る者にはたまらない場面といえる。しかし、撮影当日まで、中島の出演は柳沢には秘密裏に進められていた。リハーサル中に中島の出演を知った柳沢は、店内でその姿を発見すると「えー!?」と驚きの声を上げ、「なんで!」「どういうこと!?」と、突然の出来事に一時は混乱した様子を見せたものの、その後はうれしそうな笑顔を浮かべながら、リハーサルに臨んだ。一方、ニューヨーク在住の中島は、このサプライズ出演を成功させるために帰国すると、いつもは必ず入れる柳沢への連絡を今回は控えていたと打ち明け、「大成功だったかな」と満足そうな笑顔を見せていた。

キーワード

関連記事
PAGE TOP