前田敦子、中尾明慶が「コンフィデンスマンJP」に登場! 長澤まさみは竜雷太の生き別れた娘に!?

ニュース
キーワード

 フジテレビ系で放送中の連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」(月曜午後9:00)の5月21日放送・第7話に、竜雷太がゲスト出演する。本作は、コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る物語。

 第7話「家族編」で竜が演じるのは、鎌倉に住む資産家で現在闘病中の与論要造。与論は長男の祐弥(岡田義徳)、長女の弥栄(桜井ユキ)、お手伝いの須間聡子(阿南敦子)と共に暮らしている上品な好々爺(や)。しかし、若い頃は違法すれすれの株式操作で荒稼ぎした経済ヤクザという役どころだ。ダー子はそんな与論の生き別れた娘になりすまし、10億円の資産を狙う。

 竜は「このおじさんはとっても好きですね。自分で“ヤクザな血”と言いながら、結構純粋なところもあって。昔はいろいろ問題があったようですが、新しい家族を作って、最後まで楽しく生きる。こんな生き方がいいですね。なかなかシャレたもんだと思いますよ。私自身、こういうおじさんに憧れます」と役柄に好感を持ったよう。初共演の長澤については、「彼女独特の“間”を持っていらっしゃるようで、とても魅力的だと思いました。ダー子というキャラクターと、理花というおとなしいお嬢さんの二つの役柄を面白く演じ分けていらっしゃいました」と話している。

 また、中尾明慶、前田敦子がサプライズ出演するが、2人がどのような役どころを演じるのかは、当日の放送で明らかになる。こちらも楽しみだ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP