プロデューサーが明かす「鉄道捜査官」シリーズ&主演・沢口靖子の魅力

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で5月13日に放送される沢口靖子主演の日曜プライム「鉄道捜査官」(日曜午後9:00)は、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官・花村乃里子(沢口)の活躍を旅情たっぷりに描く、ミステリー界の巨匠・西村京太郎氏原作の人気シリーズ第18弾。今回は、乃里子の所轄署時代の先輩・滝本裕介(別所哲也)が殺人容疑者となり、彼を信じる乃里子が日光・鬼怒川を舞台に、事件の真相に迫っていくというストーリー。シリーズ18年の歴史の中で、初めて乃里子の“警察官としての原点”を垣間見ることができる。

 「鉄道捜査官」シリーズを長年手掛けてきた同局の関拓也ゼネラルプロデューサーは、「第三セクター鉄道やローカル線などをメインに、より生活に密着した風景を描いています。そんな親しみやすい旅情も、広く受け入れられているのではないでしょうか」とドラマを分析する。「実際、地方にロケにうかがうと、地元の皆さんはとても優しいんですよ。たとえば電車に乗り込むシーンを撮ろうとしていたらホームの手前で電車が止まってしまい、どうしたのかと心配していたら、『撮影の邪魔かなと思いまして…』と、運転士さんが気を使ってくださっていたことが…(笑)」と心温まる撮影裏話を披露。

 主演の沢口については、「なんといっても、美しくてポジティブ! 外見も中身もあんなに美しい方はなかなかいない! とにかくおっしゃることが誠実で説得力も抜群なので、まさに“理想のリーダー”。こんな方が総理大臣だったら、世界ももっと平和になるのになぁと思います」と絶賛。「沢口さんのポジティブさが、画面を通して視聴者の皆さんにも伝わるのではないでしょうか。さらに、このシリーズの魅力の一つは、犯人がなかなか分からないところ。ストーリーの緻密さが、ミステリーのファンの方々に支持されているのではないかと思います」と作品の魅力をアピールした。

 また、レギュラーメンバーについては、「山村紅葉さん演じる小料理屋『てまり』のおかみ・手塚真理絵は、昔、新橋の芸者さんだったという設定でさまざまな裏側を知っていて、乃理子に『ここだけの話ね…』と重要なヒントをもたらしてくれます。山口竜央さん演じる『てまり』の板前・大沢次郎も大活躍し、“次郎ちゃん”がいたからこそ、事件の謎を解くことができたので、注目していただきたいですね」と語る。さらに、「今回はちょっと骨太な作品で、“乃里子VS元先輩刑事”の構図が描かれ、乃里子がなぜ警察官になったのか、“エピソードゼロ”ともいうべき作品になっています。冒頭で再会するシーンでは迫力のアクションもあり、ノンストップサスペンスアクションのような趣もあります。また、日曜夜の放送ということで、『明日、会社行くのイヤだな』と思っている方々が、前向きに希望を見いだすようなストーリーに仕上がっていると思います。鬼怒川の美しい景色も織り込んでいますので、『来週、鬼怒川に行ってみようかな』と思っていただけるような作品になっています」と、多数の見どころポイントを教えてくれた。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP