ジャニーズJr.宮近海斗が「特捜9」で爽やかに鑑識課員を好演中!

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で放送中の井ノ原快彦主演の連続ドラマ「特捜9」(水曜午後9:00)に登場する“イケメン新人鑑識課員”の佐久間朗(あきら)が、話題を呼んでいる。緊張感のある鑑識現場でも爽やかな印象を残している佐久間を演じているのは、ジャニーズJr.でTravis Japanのメンバーである宮近海斗だ。

 刑事ドラマ初挑戦の宮近は、「ちょうど雑誌の撮影中で、マネジャーさんに『佐久間っていう役だからちょっと見ておいて』と、台本だけ渡されて。『井ノ原くんが出演するドラマだよなぁ』と思いながらも、全然実感がなかったんです。鑑識役なんて分からないことだらけだったので、とりあえずせりふを覚えたのですが、撮影に入ってみて『なんてスゴイ現場にいるんだろう…!』と実感して、うれしさがこみ上げてきました」と喜んでいる。

 そんな宮近を緊張から救っていたのが、ドラマで特別捜査班主任・浅輪直樹を演じるジャニーズ事務所の先輩・井ノ原だったそうで、宮近は「井ノ原くんはいつも『おはよう』ってポンと肩をたたいてくれるので、それでリラックスできたりします。僕なんてジャニーズJr.のはしくれなのに…優しくしてくれる先輩がいて、ほんとに安心しました」と、撮影を振り返った。また、佐久間を演じるに当たって、「『特捜9』のチームでは一番若いので、フレッシュさ、明るさを大事にしつつ、しっかりキメるところはキメる佐久間朗になりたいと思っています。もっといい意味で皆さんとなじんで、いつかはチームの中に入れたらいいな。第3話での(吹越満演じる)青柳靖さん、(田口浩正演じる)矢沢英明さんとやりとりするシーンは、青柳さんから『もっとやっちゃえよ』とアドバイスをくれたので、大胆にお芝居できました。それがものすごく面白くて、気持ちよかったんですよ」と見どころをアピールした。

 4月25日放送の第3話では、自然と共生する設計で人気の建築家・森田亜紀子(冨樫真)の刺殺体が仕事部屋で発見される。第一発見者でアシスタントの北原里香(長尾純子)によると、亜紀子はある町の設計コンペに参加し、その設計模型が何者かによって破壊されていた。そのコンペには、近未来的なデザインで有名な建築家・大屋源治(下条アトム)も参加していたことが判明。青柳と矢沢は早瀬川真澄(原沙知絵)から、被害者は傷口の形状から見て、工作用のカッターナイフで刺された可能性が高いと聞く。そんな中、大屋の靴が現場に残された足跡と一致するが、大屋の妻・千鶴(洞口依子)の不審な動きに気付いた新藤亮(山田裕貴)は、単独で尾行を開始し、意外な事実が判明する。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP