“シャーロック・ホームズ”竹内結子が貫地谷しほりらと華やかに登場!「明るい人でなしを演じました」

ニュース
キーワード

 Huluと世界有数のケーブルテレビ放送局・HBO Asiaの共同製作で、4月27日から世界19カ国配信される「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(日本ではHuluが配信)の完成を記念し、都内でレッドカーペットイベント付きのワールドプレミア完成披露試写会が実施された。

 会場には、ドラマで女性版シャーロック・ホームズとなる主演の竹内結子、その相棒・橘和都役の貫地谷しほり、警視庁刑事部捜査一課の礼紋元太郎警部役の滝藤賢一、オリジナルキャラクターとなる真面目な刑事・柴田達也巡査部長役の中村倫也、心の傷を持つ戦場カメラマン・守谷透役の大谷亮平、シャーロックの唯一の肉親で彼女以上の天才という兄・双葉健人役の小澤征悦、精神科医で和都のセラピストとして彼女を支える入川真理子役の斉藤由貴、そしてシャーロックと和都に部屋を貸す未亡人の波多野君枝役の伊藤蘭が登場した。

 出演者がドラマのミステリアスな雰囲気に合わせて、シックでクールな黒の衣装を身にまとい、テーマアイテムとなるバラの花をファンに手渡しでプレゼントしていくと、会場は喜びに包まれた。竹内は「すごいキャストの面々が集まった作品だなと、今、ひしひしと感じています」と、豪華キャストの集結を実感した様子。

 本作は、元外科医師の和都が医療ボランティア先のシリアから帰国した日に、かつての恩師が目の前で衝撃的な死を迎える事件に遭遇したところから始まる。その事件の捜査中に一人の女性と出会い、名前はシャーロックだという。彼女は、礼紋警部、柴田巡査部長も手を焼く難解な事件を、天才的な洞察力をもって解決に導く捜査コンサルタントだった。その傍若無人な物言いに抵抗を感じながらも、和都はシャーロックの人並み外れた推理力に心から感服。やがて2人は奇妙な共同生活を始め、コンビとして事件の捜査に関わるようになるというストーリー。

 レッドカーペットイベント後の舞台あいさつでは、本作がワールドプレミアを迎えたことについて、竹内は「今日この日、撮影が終わってて良かったです。撮影が終わってからどんどんプレッシャーが重くなってきました。自分の手から離れていく寂しい気持ちも半分ありますが、新しいドラマが生まれたという思いもあります。キャストの皆さんとも、この場所に一緒に立つことができて、本当にありがたく思います」と喜びを語った。

 貫地谷は「最近見た『シャーロック・ホームズ』はロバート・ダウニーJr.がシャーロックを演じた作品で、ワトソン役はジュード・ロウでとても格好良かったので、ドキドキして本作の台本を読んだら、和都はだいぶドジっ子だなと(笑)。今までのワトソンとは違うところを意識して演じました。和都というキャラクターもすごく好きですし、シャーロックと和都が住む部屋・221Bのセットには、いろんなこだわりが詰まっていて、撮影初日から感動して、この中でお芝居できるのは幸せだと思いました」と役作りについて明かした。

 本作で世界デビューすることについて、滝藤は「ついに世界に羽ばたくときが来たかと思って、感無量です」と答えると、中村から「声作ってますね」と突っ込まれ、竹内と貫地谷からも「いい声ですね」「吐息交じりでね」と次々に突っ込みが入り、キャスト陣の仲の良さをうかがわせる場面も。中村は「礼紋警部とコンビだがニコイチにはならず、それぞれがいい味を出していると思います」と話した。

 唯一、女性キャスト全員に囲まれての女子会シーンを撮影した大谷は、「それが僕にとってのクランクインでの撮影で、カメラが回っている時もオフの時も、伊藤さんの姿勢が美しくて、筋トレの仕方や立ち居振る舞いの作法などを貫地谷さんが聞いて学んでいるなどといった、女子ならではのトークが聞けて、とても役得でした」と、女性陣の印象を語った。

 小澤は「子どもの頃から『シャーロック・ホームズ』は大好きで、よく『バスカヴィルの犬』とかを読んでいました。小さい頃読んでいた世界観に入れるということはとてもうれしいですが、その半面、緊張もしました。(本作は)映画とドラマのはざまのような作品になっています」と、映像美をアピール。

 斉藤は「最初のオープニングのタイトルロゴが始まるところから素晴らしく、映像がフィルムノワールのようにスタイリッシュで、素晴らしいクオリティーだなと強く感じました」とし、伊藤は「頭脳明晰(めいせき)で探究心があってシャープなシャーロックと、心に傷を負った和都のかみ合わない感がすてきです。その2人の関係性の変化も楽しみにしていただきたいです」と、見どころを語った。

 また、“変人”のシャーロックにちなんで、“変人度”を測る「心理テスト」が行われるなど、駆け付けたファンと共にイベントは大盛り上がりを見せた。最後に竹内は、「『明るい人でなし』の役を演じさせていただき、また一つ新しい一面が見られました。貫地谷さんのおかげでシャーロックになれましたし、キャストの皆さんのおかげでバディ・ドラマが完成しました。Huluの配信ドラマということで、いつでも見られるので、どこでもシャーロックをよろしくお願いいたします」と締めくくった。

キーワード

関連記事
PAGE TOP