サンドウィッチマンが三宅裕司との初タッグに歓喜!

ニュース
キーワード

 TBS系では、4月25日に三宅裕司とサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)がMCを務める「実家を片づけてみませんか?」(午後7:00)を放送する。同番組は、さまざまな事情で実家を整理することになった家族にカメラが密着するバラエティー第2弾。三宅は「番組タイトルだけでは想像できないくらい、いろいろな人生が見られる番組です。どこの家にもきっとあるだろうなと思う部分がたくさんあると思うので、幅広い視聴者の方々にみていただきたいですね」とアピールする。

 近年は「終活」「空き家問題」などの言葉が広く認知されるなど、少子高齢化が進み、親世代の高齢な単身者が増えたことで、片付けられていない家が増加している。番組では今回、2018年1月に放送されて話題となり、今回は「80歳の母が1人で住む5DKの築60年の実家を片づけ」「不登校だった息子が自分で荒らした実家を懺悔(ざんげ)の片づけ」「家族3人、全員を失った天涯孤独の男が4年間放置した実家を片づけ」などの6家族に密着する。片付けの最中に、本人たちも知らなかったものが次々と発見され、思わぬ家族の絆や愛情が垣間見られる場面などもあり、笑いあり涙ありの展開が見どころになる。

 サンドウィッチマンとMC初共演となる三宅は、「自分の好きなツッコミ! 一緒に出演できてとてもうれしかったです」と語り、伊達は「この番組の内容は、日本の全員に当てはまることです。特に上京してきている人は、実家で暮らす親御さんは『元気かな』などと考えさせられますし、なかなか帰郷できない人たちも『土日に帰ってみようかな』と実家のことをつい考えさせられる番組です。せっかくのゴールデンタイムでの放送なので、家族そろって見てもらいたいですね。(三宅との共演は)とても光栄です。昔から本当に憧れていました」と喜ぶ。富澤も「まだ両親は元気なので今は考えられませんが、いつか番組のようなシチュエーションも起こるだろうし、自分の子どもたちのために、ある程度家を片付けようかなと考えさせられました。この番組を見てもらえば、避けてきた片付けをしようと思うきっかけにもなると思うので、いい意味でだまされたと思って見てください。学生時代から三宅さんの作品に影響を受けていますから、共演は本当にうれしいです」と話している。

 そのほか、スタジオゲストに菊池桃子、ハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか)、藤田ニコルが出演する。

キーワード

関連記事
PAGE TOP