「モテ福」がより「カオス」にパワーアップ! 滝口幸広、安達勇人ら2.5次元俳優と声優が共演

ニュース
キーワード

 俳優の滝口幸広と声優の安達勇人が、テレビ埼玉(以下、テレ玉)で4月13日からスタートする新番組「カオスパイ」(金曜午後11:00)の記者発表会に参加した。同番組は、5年にわたり放送した人気番組「モテ福」の後継にあたるバラエティーで、古代ギリシャの神々に扮(ふん)した滝口ら出演者がショートドラマやフリートークなどを繰り広げる。

「モテ福」に続いての出演となる滝口は、「前は会議室で撮影していましたが、今回はスタジオが用意されて、夜食も出るようになった。これはいよいよ(テレ玉も)マジだなと感じています」と意気込みを新たにする。タイトルに「カオス(=混沌)」とあるように、番組のナンセンス度合いはさらにパワーアップしており、今回からメンバー入りした安達は、「初めて台本を読んだ時は一切意味が分からなかった。でも、読むほどに癖になり、夜眠れなくなって、そのまま現場に行きました」と素直な心境を明かした。

 滝口が全能の神・ゼウス、安達が芸術の神・アポロンを演じるのをはじめ、メインキャストは、染谷俊之(ガイヤ役)、山谷祥生(アフロディーテ役)、仲村宗悟(アルテミス役)、沢城千春(ポセイドン役)、安達雅哉(ヘーパイストス役)、辻大地(エルメス役)の計8人。すべてのコーナーで出演者たちは神々になりきっているが、“役作り”についてはまだ手探り状態のようで、滝口は「父親にゼウスを演じると伝えたら、『それは難しいな……』と言われた」と真顔で告白。一方の安達も、実家の両親と祖父母に出演を知らせたそうで、「アポロン役だと報告したら『何を言ってるんだ』と返された。ただ、その後に、『よく分からないけど、癖になるな』と言われて、未知なる可能性を感じた」と、その反応に手応えを感じた様子だった。

 番組では、視聴者から寄せられたエピソードを聞いた出演者たちが“カオスなトーク”をする「こんな私カオスですか?」など、数々のコーナーがテンポよく展開する。「モテ福」でもリーダーとして出演者をまとめていた滝口は、「この番組でもイベントをどんどんやりたいので、チームワークはもちろん、個々でキャラ立ちしていきたい。気心知れたメンバーとはうまく利用し合いたいし、新しいメンバーとの絡みは未知数なので、そこから生まれる面白さが出せたら」と話した。

 なお、放送に先立って番組の収録風景をインターネットで生配信する企画も今後、予定されている。

【そのほかの各局放送時間】 
札幌テレビ/土曜深夜2:25 
群馬テレビ/金曜午後11:00 
とちテレ/金曜午後11:30 
チバテレ/金曜深夜1:30 
tvk/日曜深夜1:30 
三重テレビ/金曜深夜1:20 
サンテレビ/火曜午後6:30

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
TVガイド2020年2月28日号
発売日:2020年2月19日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:Hey! Say! JUMP

新着連載

PAGE TOP