内藤剛志が今年も「警視庁・捜査一課長」イベント開催。安達祐実とはLINEでも会話中!?

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で4月12日にスタートする「警視庁・捜査一課長」(木曜午後8:00)の制作発表イベントが都内で行われ、主演の内藤剛志が出席した。同作は、ヒラの刑事から捜査一課長まではい上がってきたノンキャリアのたたき上げ・大岩純一(内藤)が、都内で発生する数々の凶悪事件に立ち向かい、信頼する部下たちと共に解決していく刑事ドラマ。2012年の「土曜ワイド劇場」からスタートし、16、17年には連ドラ化されている人気シリーズで、今回がseason3となる。

 season 1と2に続いて、3年連続同じ場所でのイベントに登場した内藤は、「私たちはカメラの前でお芝居をして皆さんにお届けするお仕事ですが、このイベントは直接お会いしたいという思いから始まりました。毎回、エネルギーをもらって現場に戻れるので、これがないと始められません」と、笑顔で感謝を述べた。

 season 3の見どころの一つである新メンバーの安達祐実とナイツ・塙宣之について、内藤は「祐実ちゃんは昔から知っている仲間だし、力のある女優。彼女が13歳の頃からそう思っていました。今までも『科捜研の女』(同系)でのゲスト出演や、アニメなどで共演はしていたんですが、連続ドラマでの共演は『家なき子』(日本テレビ系)以来23年ぶり。LINEとかでも、『いつかあの作品を超えたいね』と話していました。この作品が僕たちにとって、新しい代表作になればいいですね。塙くんはバラエティーでは共演したことがあるのですが、ドラマでは初めて。彼の真面目さとそこはかとないユーモアが、現場にすごくいい雰囲気をもたらしてくれる。芸人さんだから、『緊張している』とおっしゃっているんですけど、NGもなく素晴らしいです」と絶賛した。

 最後に内藤は、「season 3が始まることはもちろんうれしいのですが、だんだんと変えていかないと。もう1個上に行きたいですね。来年もここでイベントをやりたいですが、そのためには今年頑張らないと。去年も言いましたが、今年も勝負の年です。新しいものを皆さんにお届けしますので、ぜひ期待してください」と、気合十分だ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP