「特捜9」主演・井ノ原快彦の原点は「西部警察」と「ルビーの指輪」にあり!?

ニュース
キーワード

 4月11日にスタートするテレビ朝日系連続ドラマ「特捜9」(水曜午後9:00)の記者会見に、井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、中越典子、原沙知絵、寺尾聰が出席した。

 これまで、数々の事件を捜査してきた通称“9係”所属のメンバーだったが、係長の加納倫太郎(渡瀬恒彦)が内閣テロ対策室に派遣されたことで一度は解体される。しかし、1年の空白期間をへて、新たに“特別捜査班”として再編されることに。一筋縄ではいかない癖の強いメンバーたちが、新班長・宗方朔太郎(寺尾聰)と、主任となった浅輪直樹(井ノ原快彦)と共に難事件に立ち向かっていく。

 井ノ原は、芸能界に入るきっかけが「西部警察」(同系)だったことを明かし、「寺尾さんが『西部警察』で演じていたリキが死んだ時に、絵を描いて仏壇に飾ったという思い出がありまして。そこから時が流れて、こうして出会えたというのがすごくうれしい。毎日刺激になっています」と、熱い思いを語った。また、「子どもの時の夢は警察官だったんですよ。それはなぜかというと『西部警察』が好きだったから。でも父親から、警察官になってもショットガンはぶっ放せないと聞いて、考えた結果、芸能人になれば役の上で警察官にもなれるということで、芸能人になる夢に変わったんです」と、芸能界を志した意外なきっかけを告白。

 さらに井ノ原は、寺尾が大ヒット曲「ルビーの指輪」を歌っているのをテレビで見て、「歌番組で、リキが歌を歌ってるのを『なんでこの人は刑事なのに歌っているんだろう』と思ってたんですよ。でも、実はこれが僕の原点みたいなところもあって。『歌ってもいいし、お芝居してもいいんじゃん』って思ったんです。そこからずっとつながっているんです」と話すと、寺尾は「撮影の合間に井ノ原くんが、寺尾さんは『西部警察』でリキって名前だったけれども、台本での本名は松田猛なのはなぜですか?と聞いてきたりして、なんでそんなマニアックなことを聞いてくるのかと思っていました(笑)」と明かし、会場を沸かせた。

 また、新たにメンバーに加わった寺尾が、「新参者として一番気になっているのは、どうして“9係”は解散したんだろうという点。その謎をじっくり解き明かしてほしいですね。また、宗方はどうして子連れなのか、“特別捜査班”に来た理由といった謎がクロスしていくことになるんじゃないかなと思っています」と語り、さらに「ただ事件を解決していく刑事ドラマとは違う、ドロドロとしたものが根底にあると非常に深くなっていく。ドラマというものは、お客さんに何をぶつけていくのかを俳優と制作陣がじっくり考えて作っていくものだと感じているので、それがテーマかな」と述べると、井ノ原も「今回は解散したところから始まって、それがどのように再集結していくのかというところや、宗方班長のせりふで『忖度(そんたく)しなくていいんだったらやります』というのも、過去にいろいろなことがあったからこそ出てくるわけですから、いろんな思惑が渦巻いている中で“特別捜査班”がどう戦っていくかというのは、『特捜9』の見どころの一つではないかと思います」と、新たにスタートを切る本作が、これまで以上に深みのあるドラマになることを示した。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP