ジャニーズWEST・藤井流星&濵田崇裕がドラマキャラクターのままで主題歌MVにも登場!

ニュース
キーワード

 日本テレビで放送中の「卒業バカメンタリー」(月曜深夜0:59、関東ローカル)の主題歌であるジャニーズWESTの「ドラゴンドッグ」のミュージックビデオに、同グループの藤井流星と濵田崇裕がドラマのキャラクターのまま登場することが分かった。同作は、偏差値70を越えるエリート大学に通う男子4人組が、卒業までに「大人の男」になるために一念発起し、時にぶつかり、時に失敗しながらも熱い友情を交わし突っ走る、前向きでがむしゃらなドキュメンタリー風青春ドラマ。

 劇中で、愛すべき非モテエリート大学生の堀口学(ガク)を演じる藤井と、米澤真央(マオ)を演じる濵田。ミュージックビデオは、ドラマの世界からガクとマオが登場し、カラオケを楽しむシーンから始まる。まさかのカラオケ初体験ではしゃぎまくるガクを尻目に、マオは十八番の1曲を入力し、曲が始まる。ドラマではちょっと頼りない姿を見せている2人だが、ミュージックビデオではクールなジャニーズWESTとして、ハードエッジな男らしさあふれるエールソングを歌い上げるギャップに注目だ。

 3月5日放送・第7話では、卒業までのタイムリミットがいよいよ残り37日となり、焦りを隠せない4人。偶然知り合ったスナックのママからお店に誘われて行ってみるが、いまだ大人の男として“卒業”できていないことを知ったママがとった行動とは?

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

新着連載

PAGE TOP