庵野秀明が「男の子のよき夢が詰まったアニメ」と絶賛!「シンカリオン」が「エヴァンゲリオン」から生まれた新幹線「500 TYPE EVA」とコラボ

ニュース
キーワード

 TBS系アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」(土曜午前7:00)と、今年5月まで新大阪・博多間で運行されるエヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」がコラボレーションすることが決まった。

 同アニメは、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をオマージュしたストーリー展開が話題となっており、「新世紀エヴァンゲリオン」の監督・庵野秀明氏は、「保線から始まる第1話の描写に心がシビれました。男の子のよき夢が詰まった子ども向けアニメとして素晴らしいと思います。最終回まで遅延なく、無事故で走行しきってください」と応援のメッセージを寄せ、コラボについても、「500系エヴァ新幹線の活躍もぜひ!」とアピールしている。

「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、鉄道博物館などの地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」が開発した新幹線が変形するロボット・シンカリオンに、主人公の速杉ハヤト(佐倉綾音)ら子どもたちが運転士として搭乗し、巨大怪物から日本を守るストーリー。

 エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」は、2015年にJR西日本・山陽新幹線の全線開業40周年と、「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を記念して運行されており、今年5月13日まで新大阪・博多間を1日1往復している。すでに「シンカリオン」の玩具ではコラボが実現しており、昨年10月に「プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン 500 TYPE EVA」としてタカラトミーから発売されている。今回、アニメでも視聴者から「『エヴァンゲリオン』を想起させる」という感想コメントが多数寄せられたことを受け、劇中に登場することが決定した。

キーワード
関連記事
PAGE TOP