サンドウィッチマンが「負けると地元に帰るのが大変だろうな」と白熱ぶりに苦笑い!? 芸能人がスマホ自撮り写真で地元プレゼン合戦!

ニュース
キーワード

 TBS系では、地元愛に満ちた芸能人たちが、スマートフォンで撮影した地元の魅力をプレゼンするバラエティー「スマホで自撮り 芸能人ご当地愛バトル」を2月3日(午後2:00=MBS制作)に放送する。MCを務めるサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)の伊達は、「やっていて、すごく面白い番組でした。隠れた名品とかグルメとか、知られていない観光地は山ほどあるんだな」と見どころを明かすと、富澤も「皆さん、ご当地愛が強いですが、この番組で負けると、地元に帰るのがなかなか大変だろうな」と、冗談交じりに白熱のプレゼン合戦をアピールしている。

 番組では、プレゼンターの橋本マナミ(山形県山形市出身)、峰竜太(長野県下條村出身)、りゅうちぇる(沖縄県宜野湾市出身)が自ら撮影してきた地元の写真をプレゼンするほか、ギャル曽根(京都府舞鶴市出身)と杉村太蔵(北海道旭川市出身)が、地元の特産物であるカニをめぐってバトルを展開。それらをゲスト審査員のSKE48・須田亜香里(愛知県名古屋市出身)と全国47都道府県出身のスタジオ観覧者が審査する。

 伊達は「一番びっくりしたのは、峰さんの下條村。もう“峰竜太村”にすればいいんじゃないか。行った気になるくらい楽しめると思います」と、まるで村長のように宣伝する峰の姿に圧倒されたようだが、「同じ東北人としては、山形に頑張ってほしいと思いました。俺らも今度は宮城代表でなんかやりたいな」と、内心では同じ東北勢の橋本に肩入れしていた様子。

 富澤も「前半の自撮りロケ対決も面白かったですが、最後のカニ対決も面白かったので、ぜひ見てほしい」と楽しい収録になったことを明かし、伊達は「カニ対決が、まさかこんな勝負になるとは…。人が左右するんだなって」と最終的には人情が勝敗の分かれ目になったことをにおわせていた。

キーワード
関連記事
PAGE TOP