木村拓哉の息子役を演じる田中奏生が12歳のバースデー! 木村からのサプライズプレゼントに歓喜

ニュース
キーワード

 木村拓哉主演のテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9:00)で、木村演じる島崎章の息子・瞬を演じている田中奏生が12歳の誕生日を迎え、スタッフとキャスト一同の祝福を受けた。それは、自宅でのシーンのリハーサルを終えた木村と田中のもとにケーキが登場し、木村とスタッフがバースデーソングを歌ってお祝いするというサプライズ。田中がサッカー好きということで、サッカーボールをかたどったケーキが用意され、さらに木村から「中学に入ったらシャープペンシルを使えるようになるらしいので、ちょっと早いけど…」と、高級シャープペンシルがプレゼントされた。劇中での瞬とは違い、田中は素直にびっくりした表情を浮かべながらも、うれしそうにそれを受け取った。

 田中と木村は、2012年にフジテレビ系で放送されたドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」で共演しており、本作は約5年ぶりの共演となる。劇中では、思春期にさしかかりそっけない態度をとる息子役の田中に、どう接していけばよいかと悩む父親を演じる木村だが、撮影の合間には田中と“好きな食べ物”の話などをしているのだという。

 今作での再共演について田中は、「以前に共演した時は、まだ小学校1年生くらいで、すごくはしゃいでいた気がします。5年たって、もう1度共演できて、成長したなって思ってもらえたらうれしいです」と、しっかりした口調で述べ、さらに「これからも皆さんに『いいな』と思ってもらえる俳優さんになりたいです!」と、今後の抱負を語った。

 2月1日放送の第3話は、深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、島崎たちも招集をかけられる。彼らに命じられた任務は「人気タレント・かのん(三吉彩花)にボーナスとして支給する現金1億円の警護」というものだった。現金輸送の経験もある高梨雅也(斎藤工)を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせていく。しかしこの警護の裏には、ある事情が隠されていた。

キーワード
関連記事
PAGE TOP