三宅健がピョンチャンオリンピック・パラリンピックのユニバーサル放送メインパーソナリティーに決定

ニュース
キーワード

 V6の三宅健が、NHKのピョンチャンオリンピック・パラリンピック「ユニバーサル放送」のメインパーソナリティーに就任することが決まった。NHK総合で2月18日(午後6:05)、25日(午後4:00)放送の「みんなで応援! ピョンチャン2018 オリンピック」、3月10日から19日まで放送の「みんなで応援! ピョンチャン2018 パラリンピック」(午前9:30、日曜は午前8:25)に出演し、競技のルールや見どころを伝える。

 三宅は、2014年からEテレ「みんなの手話」(日曜午後7:30)のナビゲーターを務めており、16年にはユニバーサル放送番組「みんなで応援! リオパラリンピック」のメインパーソナリティーも務めるなど、手話の表現力にも定評がある。

 ユニバーサル放送は、視覚や聴覚に障害のある人も楽しめる情報環境で放送するもので、オリンピック放送で行われるのは今回が初めて。「みんなで応援! ピョンチャン2018 オリンピック」には三宅のほか、視覚障害のある落語家の桂福点、聴覚障害のあるアスリートの早瀬憲太郎、ミッツ・マングローブらが出演し、手話のほか、試合の動きに合った字幕や、音声だけで試合の興奮が伝わる解説で、競技のハイライトが伝えられる。

 また、パラリンピック開催期間中に放送される「みんなで応援! ピョンチャン2018 パラリンピック」では、分かりやすいルール解説や見どころ紹介を交えて、前日の競技のダイジェストを毎朝放送する。

キーワード
関連記事
PAGE TOP