吉岡里帆が主演ドラマ「きみ棲み」で「日本中の皆さんの感情を揺さぶっていきたい」。女優としての分岐点にはムロツヨシが!?

ニュース
キーワード

 1月16日スタートのTBS系連続ドラマ「きみが心に棲みついた」(火曜午後10:00)の制作発表会見が行われ、主演の吉岡里帆らが出席した。魅力的な男性の間で三角関係に揺れる主人公の小川今日子を演じる吉岡は、今作が連ドラ初主演となるが、「体当たりのシーンもありますが、原作を忠実に再現して日本中の皆さんの感情を揺さぶっていきたい。この作品にすべてを懸けて、必ず面白いドラマにしたいです」意気込みを語った。

 天堂きりん氏による同名漫画を原作にしたドラマは、自分に自信が持てずにオドオドしてしまうことから“キョドコ”と呼ばれるランジェリーメーカー勤務の今日子が、厳しいながらも誠実な漫画編集者の吉崎幸次郎(桐谷健太)と、今日子にひどい仕打ちをした過去を持つ魅力的な大学時代の先輩・星名漣(向井理)の間で揺れ動く三角関係を描くラブストーリー。

 吉岡は「このドラマは、人が人にとらわれている時の絶望感や、心にすみついた人が抜けない苦しみやもどかしさを描いていますが、共演者の皆さんが優しく手を差し伸べてくれている」と共演陣の支えで乗り切っていることを明かし、その中でもムロが特別な存在になっているようで、「初めてヒロインを演じた映画でもご一緒させていただくなど、私の分岐点にムロさんが立っている」と告白。

 そのムロは、「今回は恋愛ドラマなのに私の恋愛部分は一切ない。なんとか無理をしてでも恋愛したい」とのん気な発言で周囲を笑わせると、桐谷も「ここまでモテる役は初めてで、やっと世間が自分に気付き始めてくれたと思っています」と冗談交じりにアピール。また、桐谷が演じる吉崎の元彼女で、ライトノベル作家の成川映美役の中村アンは、「実は個人的にも桐谷さんのことがタイプなんです。これは本当の話で、ご結婚される前から好きだったんです」と衝撃発言が飛び出して周囲をざわつかせたほか、放送日前日に25歳の誕生日を迎える吉岡を祝福するなど、サプライズもあり、ドラマ同様にさまざまな感情が入り乱れる、和気あいあいとした雰囲気の会見となった。

キーワード
関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP