古代エジプトの石板・マグナストーンを独占取材! 酒井美紀がザヒ博士と現地で発掘に挑む

ニュース
キーワード

 TBS系で2018年1月3日放送の「林修の歴史ミステリー」(午後9:00)では、エジプト政府が年末に発見を発表した古代エジプトの石板・マグナストーンと、クレオパトラの墓が存在する可能性のある遺跡の発掘現場を独占取材する。

 マグナストーンは、2016年春にアレクサンドリアから約45キロ西にあるタップオシリスマグナ遺跡で、エジプト考古学の権威として知られるザヒ・ハワース博士の指揮の下で発見され、古代文字で「ここは我々王家にとって非常に重要な場所」と記されていることが判明した。大英博物館にあるロゼッタストーンよりも古い年代に作られたことも分かっており、古代エジプト最大の謎の一つとされるプトレマイオス朝の女王クレオパトラの墓の発見につながる可能性があるとみて、全文の解読が進められている。

 遺跡からは、マグナストーンのほかにも墓の存在をうかがわせる品々が出土しており、番組では女優の酒井美紀が現地に渡り、ザヒ博士と共にツタンカーメンの財宝をしのぐかもしれない発掘に挑む。またスタジオでは、番組ナビゲーターの林修が、古代エジプトの歴史とクレオパトラの人物像を解説しながら歴史のミステリーに迫る。

 番組を制作する成田雅仁プロデューサーは、「ロゼッタストーンよりも古い年代に作られたマグナストーンには、世界の歴史を塗り替える可能性があります。これまで『ロボットカメラによるピラミッド内部の謎の空間』や『ツタンカーメン王のミイラをCTスキャンにかけて死因の定説を覆した』天才考古学者のザヒ博士と共に、世紀の発見に向けて期待が高まります」と見どころを明かしている。

キーワード
関連記事
PAGE TOP