ビートたけしが漫才の祭典「THE MANZAI 2017」に満足も、「飛び抜けるのがいない。スーパースターが出てこないかな」

ニュース
キーワード

 12月17日にフジテレビ系で放送の「Cygames THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ」(午後7:00)は、漫才師のオールスターが一同に集う“日本で一番豪華な漫才の祭典”。最高顧問はビートたけし、MCはナインティナインが務める。

 今回は、先ごろ「M‐1グランプリ2017」で4094組の頂点に立ったとろサーモンや、ウーマンラッシュアワー、おぎやはぎ、サンドウィッチマン、タカアンドトシ、トレンディエンジェル、NON STYLE、爆笑問題、パンクブーブー、笑い飯らが、“THE MANZAI実行委員会”が選出した、“THE MANZAIマスター”として登場し、至極の漫才を披露する。

 収録を終えたたけしは、「毎回毎回、芸人の腕が上がってて、若手の人がもうベテランになっていても若手の時以上にうまくなっていて、初めは新鮮だったネタだけど、待ってましたってネタがあって、やっぱりすごいな~と。舞台で何回もやっている人たちのネタは、面白いね! あっという間だったね! あれだけのメンバーだと飽きる時もあるんだけど、そういうことがなかった」と絶賛。

 また、出場芸人たちには「ずうずうしいけども、これだけうまいのがそろった時に、飛び抜けるのがいないかなって。(野球選手でいうと)昔の王貞治さん、長嶋茂雄さんとか金田正一さん(のような芸人)がいないかとか、やっぱりそう期待しちゃうよね。技術はもうすごいんだけど、スーパースターが出てこないかなっていう感じがするけどね」と期待を寄せている。

キーワード
関連記事
PAGE TOP