長澤まさみ「今を頑張らなくして、この先はない」! 11年ぶりの月9主演「コンフィデンスマンJP」で東出昌大、小日向文世と詐欺師に

ニュース
キーワード

 女優の長澤まさみが、2018年4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」(月曜午後9:00、開始日未定)に主演することが分かった。

 主要な登場人物が全て詐欺師という設定の同ドラマは、「リーガルハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」(共に同系)の脚本家・古沢良太氏のオリジナルストーリー。“欲望”や“金”をテーマに、一見、平凡で善良そうな姿をした、ダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師たちが、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取るさまをコメディータッチで描く。

 約11年ぶりの月9主演となる長澤が演じるのは、毎回とんでもないターゲットと、常識外れの計画を持ち込むリーダー的存在のコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)のダー子。天才的な知能と抜群の集中力で、どんな難解な専門知識も短期間でマスターできる才能を持ちながらも、かなり無軌道な性格の上に天然、さらにいい加減で詰めが甘く、その不完全さゆえにどこか憎めない女性。男性を誘惑する“ハニートラップ”を好んで使おうとするものの、「お前のハニートラップは、エロババアに襲われるようで怖い」と、いつもボクちゃんに制止されてしまう。

 07年の「プロポーズ大作戦」以来の月9主演に、「まさか、また“月9ドラマ”に出演させていただけるとは思っていませんでした。“月9ドラマ”はフジテレビさんの看板ドラマという印象。とっても重大な責任を背負ってしまいましたが、その期待に応えられるように丁寧にお芝居できれば、この作品は面白いものになる」と断言。さまざまな職業人に成りすます役どころ故に、キャビンアテンダント、秘書、海外の大物女優など変幻自在なコスプレを駆使するが「方言をしゃべる女性であったり、オタクっぽい雰囲気の女性だったり、今までキャラクター的に特徴のある役を演じてみたいと思っていたので、その願いが一気にかなってしまいそうです。そういう意味でも、このドラマの脚本には夢がいっぱい詰まっていて、私にとってもエンターテインメント作品」と喜んでいる。

 また、詐欺稼業から足を洗い地道にまっとうに生きていきたいと心の底から願っているものの、結局いつもダー子に丸め込まれてしまうコンフィデンスマンのボクちゃんを東出昌大、生まれながらの品の良さを武器にどんな職業人にでも成りすまし、手練手管を使って相手をだます百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードを小日向文世が演じる。

 長澤は「新しい風を感じる、今をときめく東出さん、役者には輝く瞬間が幾度となく訪れるということを確信させてくれる存在の小日向さんのお二人と一緒に頑張りたい。私自身も、今が女優として重要な時期に差し掛かっていると感じていますので、“今を頑張らなくして、この先はない”という覚悟で挑みます。過去より、未来より、今を頑張りたいです」熱い思いを口にしている。

キーワード
関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP